【豪ドル1000通貨トラリピFX】この1週間は新規10回、決済12回で効率的トラリピ設定本領発揮

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証606日目となる
2月14日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
上下に動く中で新規2回、決済3回で相変わらず効率的な
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴が出て利益が増加。

またこの1週間は新規10回、決済12回ですし、2月でも新規22回、決済32回と
新規を仕込みながら決済で利益が増え、この利益で証拠金が増えて維持率が上がり、
安全性も向上しながら利益も増えていくという流れが続いていますし、
運用者の8割が儲けているという豪ドルトラリピの本領発揮ですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



2月14日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.03決済
・91.78買い
・91.53買い
・91.78決済
・92.03決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+2,250円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,077,283円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
53.86%



金曜は新規と決済が近い数となり効率的約定になりましたし、
期間的にもトラリピ開始からも2年3ヶ月が経過しました。

そこで振り返ってみると、1年経過した時点では利率18%だったのが、
2年で50%近くに迫り、2年1ヶ月経過時点で利率50%を達成。
つまり2年ちょっとで開始当初の資金200万が300万を超えました。

その後も順調に利益が出て現在54%目前まで来ていますから、
安全性は開始当初の1.5倍に増していながら利益が出ている状態。

また自分がトラリピ設定の参考にしたトラリピ研究者さんは、
以前からトラリピの年会最大の稼ぎ時は、9月から年末年始と言及されていて
それが毎年実際に稼ぎ時となってきました。

しかし今年は日本の消費税増税が予定されているということや、
新興国懸念が出ていること、アメリカ、ユーロの財政問題が
まだ片付いていないことから、年末年始で稼ぎ時は終わることなく
少なくとも春、もしかしたらお盆まで続くのではとのこと。

その言葉の通りガンガン利益が積み上がっていますし
なおかつポジションもそれほど増えずに来ていますから
1年前、2年前よりも格段に安全性が増しています。

これは豪ドル25銭設定の非常に優秀なところかなと思うんですけど
この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうです。

実際に自分で2年以上やってきて、大暴落も何回か経験しましたし
逆に上昇してポジションがすべて決済されることもありましたけど
とにかく危ないと思ったことは一度もありませんでした。

それでいてほぼ毎日約定して、今まで約定しなかったのは
だいたい月に1日ぐらいしかありませんから、回転率もすごいです。

その上利益で証拠金が補強されて、それによって安全性が増すので
同じ設定で続ければどんどん安全になるという仕組みですから
サラリーマンの自分にとっては十分すぎるぐらいの
トラリピ設定だなと感じています。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0