【豪ドル1000通貨トラリピFX】来週も円高続くか。今週は新規17回、決済8回

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証626日目となる
3月14日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
相場が様子見ムードであまり動きませんでしたけど、
これだけ小動きの中でも新規3回決済2回。

しかもこの約定パターンは、91.53買い、91.78決済、91.53買い
91.78決済、91.53買いという形で約定したので、非常に小さい動きでも
効率良く約定して、なおかつポジション量の変化はあまりなくても
しっかり利益が出るという豪ドルトラリピの特徴が出ています。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



3月14日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・91.53買い
・91.78決済
・91.53買い
・91.78決済
・91.53買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,500円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,115,245円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
55.76%



またこれでこの1週間は新規17回、決済8回と新規優勢でしたけど、
この前の1週間は新規7回決済18回でしたから、合わせて新規24回、決済26回と
週単位で見てみても、新規と決済がバランス良く約定していることがわかります。

つまりこの2週間で、ポジション量は2回分しか変化がないのに、
利益は26回分出ており、この利益で証拠金が増強されますから、
当然証拠金維持率も上がり、安全性も上がるというわけで、
こういう約定パターンがあるからこそ、豪ドルトラリピ運用者の、
実に8割以上が儲けているというデータが出るわけですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

そしてもうそろそろトラリピ実践検証開始から2年4ヶ月が経過しますけど、
利率換算で56%が間近になっていますし、昨年12月半ばに、
トラリピ実践検証開始から2年2ヶ月経過した時点で、
利率50%を達成し、開始当初の資金200万が300万以上に増えてから
未だにハイペースでの約定が続いているのがわかります。

現在の設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが書かれていた通り、約定しない日は月に1日程度ですし
過去に何度もあった大暴落でもまったく危なげなく、
むしろもっと下げても全然大丈夫ですよぐらいの
安全性が保たれながらのこの利率ですから、本当に驚き。

またトラリピ研究者さんによれば、毎年9月から年末年始は
トラリピ最大の稼ぎ時になるのが恒例だが、今年は日本の消費税増税、
新興国懸念、ウクライナ情勢、中国のデフォルト問題、
アメリカ、ユーロの財政問題などの大きなネタが多いため、
年始でも稼ぎ時が終わらず継続していて、このままお盆あたりまで
ずっと続くのではないかと書かれています。

そうなると今から始める場合はこの時期だけトラリピをしかけて
稼ぎ時が終わったらはずすとか、既に始めている人は
この時期だけ少し資金を追加して注文量を増やしておき
ガッツリ稼いでから、稼ぎ時が終われば元に戻す、
なんていうトラリピ戦略も面白いかもしれませんね。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT 0