スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】FOMCでトラリピ大量約定くるか

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証628日目となる
3月18日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
朝の上昇で決済が1回、その後の下げで新規が1回、
さらに後半の上昇で決済が1回と交互に約定しましたので
ポジション量は1回分しか変わらず利益は2回分増加と、
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の特徴がしっかりでました。

また今日はFOMCですし、イエレンFRB議長会見もあって、
大きく相場が動けばトラリピも大量約定の可能性もあり、
ウクライナ情勢はロシアのクリミア編入でまた欧米が反発していて
動く材料となるかもしれないので、まだまだトラリピは楽しみですね。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



3月18日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.53決済
・92.28買い
・92.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,530円(うちスワップ金利30円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,119,055円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
55.95%



それにしても相変わらずトラリピの稼ぎ時は止まらない様子で
本当にこのままお盆まで続いて丸一年継続となるかもなので
今年は一時的にトラリピの注文を増やしたりしても面白そうですね。

ウクライナ情勢についても、ロシアの思惑通りという感じで進んでいるので
欧米からは批判が出てきてますし、昨夜もロシア軍がウクライナ軍を攻撃、
という情報も入ってきたりで、リスク要因は結構ありますので、
これが材料視されたらまたトラリピも大量約定となるかなと。

現在の設定はトラリピ研究者さんが事前検証された結果
安全性と効率の良さを追求して設定されたものを真似ているんですけど
ずっとこれまでトラリピをやってこられている研究者さんによれば
毎年恒例かつ年間最大のトラリピの稼ぎ時が、9月から年末年始とのことで
実際昨年の9月からは格段にトラリピの約定ペースがアップしました。

そのおかげで昨年12月半ばにトラリピ開始から2年2ヶ月経過した時点で
利率50%を達成し、開始当初の資金200万が300万以上に増えましたけど、
そこから2ヶ月でもう56%ですし、今年は未だに稼ぎ時が終わる気配がありません。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

研究者さんは、さらに今年は日本の消費税増税や新興国懸念、
中国のデフォルト問題、ウクライナ情勢、ユーロ、アメリカの財政など
大きな要因がいくつもあるので、稼ぎ時はお盆まで伸びる可能性も
言及されていますので、今後数ヶ月間非常に期待が高まります。

もともと大暴落しても大丈夫なようにと考えられていて
なおかつ小さい値動きでも約定するといいうことに加え
上下動が上手く交互に来るので、ポジションの量はあまり変わらず
利益だけがどんどん増えて、その利益で証拠金も増えて、
証拠金維持率が上がって、結果さらに安全性が増すという設定なので
まずは今日のFOMCとイエレンFRB議長会見に期待したいと思います。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



3月31日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
最大5,000円&トラリピの教科書プレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
trcpn20131228.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。