【豪ドル1000通貨トラリピFX】雇用統計で豪ドルトラリピ大量利益

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証641日目となる
4月4日金曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
雇用統計で決済2回、新規1回が約定し、昨年6月のポジションが
決済されたことによってスワップ金利がかなり乗りましたので
2回の決済で1万円超の利益とトラリピにしては最高の展開となりました。

月単位ぐらいで見ても上下動を繰り返して、
新規と決済がバランス良く約定するのが現在の設定ですけど、
これがさらに長い期間でもバランスが良いのが特徴ですし、
これがあるから豪ドルトラリピ運用者の8割以上が儲けているのかもですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月4日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・96.03決済
・96.28決済
・96.03買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+10,671円(うちスワップ金利9,171円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,159,647円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
57.98%



もともと今年は、昨年秋からのトラリピ年間最大の稼ぎ時が
通常終わる年始でも終わらずに現在も続いているわけですけど、
実際に昨年12月半ばにトラリピ開始から2年2ヶ月経過した時点で、
利率換算50%を達成し、開始当初の資金200万が300万を超えてから、
3ヶ月半ほどでもう58%まで来ていますから、良いペースが続いています。

現在の設定はトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果を参考にしたもの。

そして稼ぎ時が今年は延長されるということも、
以前からトラリピ研究者さんが書かれていて、
新興国懸念や中国のデフォルト問題、ウクライナ情勢、
日本の消費税増税による景気失速、ユーロ、アメリカの財政問題の影響で
このまま次の年間最大の稼ぎ時であるお盆後までずっと続いて、
過去10年で最大の稼ぎ時になるのでは、という予想をされています。

実際に自分でここまで豪ドルトラリピ25銭間隔設定で回してきて
何度も大暴落を経験しましたけど、一度も危ないと思った場面はなく
むしろ大暴落が逆にチャンスになるということがわかりましたし
大暴落になるたびにトラリピで最高の稼ぎ時となりました。

それでいて約定しない日は月平均1日程度という回転率ですし
以前何度かポジションが全決済されたこともありましたけど、
すぐに設定を追加して上にずらせば、すぐ新規が約定しますし
新規と決済がバランス良く約定してくれます。

そしてそれによってポジションの総量はそれほど変化がないのに
利益がどんどん増えていき、利益によって証拠金が増強されるため
回せば回すほど証拠金維持率が上がっていき、安全性が増していく、
という良さがあるトラリピ設定ですから、来週も動きが大きくなれば
さらに稼げること間違いなしかなと思います。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT 0