【豪ドル1000通貨トラリピFX】ドル円102円割れ。円高続けばトラリピ面白い

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証643日目となる
4月8日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
円高傾向が強まって豪ドルも少しあげた後下げたので、
決済が1回約定したあと新規が2回約定。

最近決済ばかりで利益がどんどん増えていたんですけど、
その分ポジションは減っていたわけで、そうなると次に下げて、
しっかり新規注文が約定し、上下交互にうまく約定するのは
豪ドルトラリピならではで、この特性も、豪ドルトラリピ運用者の
8割以上が儲けている一つの要因なのかなと思ったりします。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月8日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.78決済
・95.53買い
・95.28買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,160,397円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.02%



火曜は新規2回決済1回でバランス良い約定になりましたし
これで利率換算でも58%を突破しました。

昨年12月半ばでトラリピ実践検証開始から2年2ヶ月経過した時点で、
利率50%を達成し、開始当初の資金200万が300万以上に増えたわけですけど、
そこから3ヶ月半ほどで58%まで来ましたので、良いペースが続いています。

元々豪ドルトラリピ25銭間隔設定はは9月から年末年始の相場が
年間最大の稼ぎ時となると、設定を参考にしたトラリピ研究者さん
ブログで書かれていたんですが、それが現実のものとなりました。

またトラリピ研究者さんによれば、今年は新興国懸念、中国のデフォルト問題、
ウクライナ情勢、ユーロ、アメリカの財政問題、日本の消費税増税による
景気失速の可能性などの影響があって、稼ぎ時が年始で終わらず、
このままお盆あたりまで続き次の稼ぎ時と繋がる、という予想をされています。

そしてこのトラリピ設定も、トラリピ研究者さんが、
膨大な過去データから最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて
利益も出る、という組み合わせはどの通貨とどの値幅で、
どのぐらいの注文量かということを長い時間かけて見つけ出された結果。

それだけに安定感も実績も抜群という感じですし
さらに効率的にトラリピで稼ぐことを考えるのであれば、
稼ぎ時の間だけトラリピを仕掛けるとか、注文量を増やす、
というのも面白い投資方法かもしれませんね。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT 0