スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】ドル売り続く。トラリピは決済1回

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証644日目となる
4月9日水曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
FOMC議事録でドルが売られましたけど、でも円も売られ気味で、
前の日の下落からは戻したためトラリピも決済が1回約定。

正直円高が進めばポジションが仕込めて面白かったんですけど、
G7とかG20があるので動きが出にくいのかもしれません。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月9日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,161,147円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.06%



水曜は前述のように動きが小さかったので決済1回でしたけど、
まだまだ今後はG7やG20でウクライナ問題が蒸し返される可能性もあり、
動きが出ればトラリピの大量約定も期待できそうです。

特にこの豪ドル25銭間隔設定は、仮に狭い値幅であっても
しっかり約定するという回転性の良さも備えていますし
逆に大きく動いても3,000通貨単位という部分でリスクヘッジ出来ていて
これまで2年半近くトラリピを実践してきて、かなりの大暴落もありましたけど
全然資金的にびくともしないぐらいで、もっと下げても良いよ、
ぐらいの気持ちで平然としていられました。

それでいて約定しない日は月に1日程度という回線の良さで
トラリピ実践検証開始から2年2ヶ月経過した昨年12月半ばの時点で、
利率換算50%を突破して開始当初の資金200万が300万以上に増加。

そしてそこから3ヶ月半ほどで58%まできていますから、
最近のペースは非常に素晴らしいものとなっていますし、
こういう特性があるから、豪ドルトラリピ運用者の8割以上が、
儲けているというデータが出るのも納得です。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

現在の設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて抽出された結果
最も効率が良くて安全な通貨と値幅の組み合わせが豪ドル、25銭間隔、
そして3000通貨の組み合わせだったとのこと。

また研究者さんは毎年9月から年末年始がトラリピ最大かつ
毎年恒例の稼ぎ時になるとブログで書かれていたんですけど
実際に昨年もそれが現実になりましたし、研究者さん情報では
今年は新興国懸念や中国デフォルト懸念、ウクライナ情勢、
消費税増税による景気失速、ユーロ、アメリカの財政問題の影響で、
今後もでまだまだ動きが活発化するとのことで、お盆ぐらいまでは
現在のトラリピ最大の稼ぎ時が継続するという見通しを立てておられますので
これから数ヶ月面白い流れが続いてくれそうです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。