スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドル1000通貨トラリピFX】豪ドル96円台抜ければ100円台も

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証653日目となる
4月22日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
豪ドルが少し上昇して決済が2回約定し、スワップも乗って
しっかり利益が増加しました。

豪ドルは96円台からなかなか上に抜けることが出来ないですけど、
逆に抜ければ100円台が見えてくるだけに楽しみです。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月22日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.78決済
・96.03決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,644円(うちスワップ金利144円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,170,306円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.52%



今週は決済スタートとなりましたけど、豪ドルの96円台は
これまで何度も上値を抑えられてきた水準だけに
ここで跳ね返されては上昇、ということが繰り返されれば
トラリピにとっては理想的な上下動に繋がります。

つまり新規と決済がほとんど同数という状態になるわけで、
こうなればポジションの量はほとんど増えずに利益だけ増えていて、
その利益で証拠金が増え、証拠金維持率が日に日に上がり、
トラリピを回せば回すほど利益と安全性が向上するという
豪ドルトラリピ25銭間隔設定の良いところが出ることに。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

現在の設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしているんですけど
過去の膨大なデータを元にして、最も約定ペースが良くて、
なおかつ資金も安全で、大暴落でも大丈夫な通貨と値幅は何か、
ということを長い時間研究された結果、豪ドル25銭で3000通貨
というのがベストという結論に至られた結果だそうです。

そして研究者さんは以前から、毎年9月から年末年始が
トラリピで年間最大かつ毎年恒例の稼ぎ時と書かれていたんですけど
実際に昨年秋からその通りの状態になりました。

さらに研究者さんは、様々なファンダメンタルズ的要因が重なる今年は
年始で稼ぎ時が終わらずに、このまま次の稼ぎ時のお盆後まで続いて、
ここ10年で最長の稼ぎ時になるかも、と書かれていますので今後も楽しみ。

この設定で現在まで2年半運用してますけど、
2年2ヶ月経過した時点で利率換算50%を達成し、
開始当初の資金200万が300万に増えていますし、
今年も年利25%ぐらいの推移で来ていますから、
今後もまだまだ面白くなりそうです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。