【豪ドルトラリピ実践検証657日目】円売り優勢。でも豪ドルは弱い

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証657日目となる
4月28日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
他の通貨が円安気味に動く中でも豪ドルが弱く
94円台で停滞する流れとなりました。

でもそのおかげで決済1回新規1回と効率良く約定し、
ポジション量は変わらず利益だけ増えて、この利益で証拠金が増え、
維持率が上がり、安全性が増すという豪ドルトラリピの特徴が出ています。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月28日の約定は以下。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.03決済
・94.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+750円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,171,056円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.55%



月曜は効率的約定となりましたけど、この約定パターンは、
豪ドル25銭間隔設定で非常に多いパターンです。

でもこれが少し間隔を広げていれば約定しないわけですから
やっぱり絶妙なトラリピの位置というのが25銭間隔なのかなと。

このトラリピ設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて事前検証され、
その結果最も効率が良く約定し、なおかつ大暴落でも安全な通貨と値幅が
豪ドル、25銭間隔だったということで、さらにリスクを調整できるよう
それを3000通貨にして運用されているのを参考にしたものです。

最初は少し不安もありましたけど、今はもう2年半以上経過し、
開始当初の資金200万が320万近くまで増えていて、
しかもこの間大暴落がありながら全然危なげないというどころか、
もっと暴落してくれても良いよ、ぐらいの気持ちでいられました。

だいたい平均すると年利25%ぐらいのペースなわけですけど、
サラリーマンの自分が何も危なげなく年利25%というのは
十分すぎるぐらいの数字だなと。

今後また他の通貨でのトラリピや、資金に対する注文量に余裕があるので
注文量を増やしたりとか色々考えていますけど、とにかくGW中であっても
相場が気にならないというのは本当にありがたいなと思うので、
そういう安全性を確保して色々考えたいなと思いますね。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT 0