バイナリーオプション攻略法・必勝法実践検証ブログ TOP  >  バイナリーオプション  >  バイナリーオプション攻略法実践検証記録 >  【バイナリーオプション攻略法実践検証623日目】ユーロ円142円狙い成功!
よく読まれている過去記事
・常勝プロも使うツールを活用!買いか売りかを一目で判断可能。
→これさえ見れば勝てる?勝率重視のバイナリーオプション攻略法。
・知らなきゃ損!IG証券衝撃のキャッシュバック!数百円のコストで4万円獲得可能!
→ほぼノーリスクで4万9,000円以上ゲットできる!まだの人は必見
・その目標、判定時間に届きますか?決済目標を決めるコツ
→バイナリーオプション攻略法。決済目標を決めるコツ。ゾーン分析
・バイナリーオプション攻略のコツ、低リスクな通貨を攻める
→あなたが知らない、バイナリーオプション攻略に有利な通貨ペア
・口座開設+入金だけ!取引無しでもらえるキャッシュバック。
→もらわないと損!口座開設+入金のみで3,000円
・動かない時間に取引して負けてませんか?バイナリーオプションで勝ちやすい時間
→バイナリーオプションで勝てる時間帯は?
・初心者必見。負けパターンを知って必勝法に近づくコツ
→バイナリーオプションで、初心者が勝てない場合の対処法
・バイナリーオプション初心者の8割が負ける、簡単な理由。
→節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。バイナリーオプションの秘訣。
・友人の友人がだまされた模様。金融庁、関東財務局も注意喚起!
→バイナリーオプションで詐欺?海外業者で騙されるパターン

【バイナリーオプション攻略法実践検証623日目】ユーロ円142円狙い成功!

バイナリーオプション攻略法実践検証623日目

月曜は、過去のバイナリーオプション取引で最も取引回数が多く、
なおかつ勝率が高い時間帯である夕方の残業前の休憩時間に仕掛け
ユーロ円の142円狙いのバイナリーオプション攻略法を実行。

本当はポンド円かなと思ったんですけど、低リスク通貨の分析で、
このときユーロが強いと判断できたのが成功の鍵だったかなと思います。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


今回は17時半過ぎから19時20分の判定時間を狙った取引で、
この時間は今月も多く取引していますし、自分の仕事の上でも
ちょうど休憩時間になるので取引しやすいタイミング。


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



で、今回は午後から円安気味に動きが揃っていたので、
低リスク通貨のチェックの段階で、円安方向がまず良いなと。

その上でではどの通貨で円安狙いにするのが良いのか、
というところで、いつも取引の優先度が高いポンドを見て、
次にユーロを見て、ユーロとポンドを比べたらユーロだな、
ということで一応頭の中でユーロ優勢という感じで考えつつ、
候補をこの2通貨ペアにして次の節目チェックにいきました。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



続いて行った節目チェックでは、ポンド円が172円に差し掛かっていて、
超えてから狙うか微妙だなという位置だったのに対して、
ユーロ円は141円中盤を超えたところで、142円狙いがいけるなと。

となると攻めやすいのはポンド円よりユーロ円となったので
今回ここでユーロ円に絞りました。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



でもFX未来予想ツールのサインが悪かったら取引しにくいので
一応確認するとこれが午後からの円安の感じと同じように
多くの通貨で円安方向に揃っていました。

こういう風に揃うパターンは過去の取引でも勝率が高かったパターンで、
通貨ごとにバラバラの場合より信頼感があるので、ここでいけるなと。

ちなみにサインは以下のような感じで出ました。

15分足↓
bo20140428.jpg


30分足↓
bo20140428a.jpg


1時間足↓
bo20140428b.jpg



常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



ということで今回も取引ロットは3、
購入金額は12,900円という状態でスタート。
今回も勝ちやすい判定時間を選んだため、
FXトレードフィナンシャルのバイトレでの取引です。


で、今回も取引後は残業に入ったので相場は見られませんでしたけど、
仕掛けた後に仕事にきっちり切り替えられるのもBOの良さで、
取引前が重要な分、あとがラクになるのは良いですね。

そして結果は帰宅後にチェックし、まさに自分が考えていた通り、
142円手前まで行って判定時間となっていましたので、
払い戻しは3万円。利益は投資額を引いた17,100円となりました。

今回の重要なポイントは、低リスク通貨の分析で、
ポンド円よりユーロ円が優勢かなと思ったというところと、
節目チェックでもユーロ円が良いという条件が揃ったことで、
比較的早く狙いを絞れたことかなと思います。

為替見習さんのバイナリーオプション攻略法のキモは、
低リスクな通貨を見つけて、勝率が高く見込める相場で、
さらに勝てる可能性が高い通貨で取引するというのが一番重要。

なので今回はそれが早い段階でできて良かったなと。
また4月は7回取引して6勝1敗になっていますから、
あとは無駄な負けをしないように心がけつつ、
過去の取引ではチャンスが連続してきたこともあるので
今日明日の相場もきっちり見ていきたいなと思っています。

4月のバイナリーオプション取引結果(6勝1敗)
4/4バイナリーオプション検証結果(1勝1敗)
4/8バイナリーオプション検証結果(1勝)
4/10バイナリーオプション検証結果(1勝)
4/11バイナリーオプション検証結果(1勝)
4/23バイナリーオプション検証結果(1勝)
4/28バイナリーオプション検証結果(1勝)

また今回はユーロ円でしたけど、ユーロ円やポンド円は
過去の取引でも多く取引できており、値幅が出やすいことや
節目がわかりやすいのでお気に入りですし、今後もこれらをメインに、
あとは豪ドル円とドル円をカバーする感じでいきたいと思います。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。





バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+1,588,450円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法と、利用業者について。




よく読まれている過去記事
・常勝プロも使うツールを活用!買いか売りかを一目で判断可能。
→これさえ見れば勝てる?勝率重視のバイナリーオプション攻略法。
・知らなきゃ損!IG証券衝撃のキャッシュバック!数百円のコストで4万円獲得可能!
→ほぼノーリスクで4万9,000円以上ゲットできる!まだの人は必見
・その目標、判定時間に届きますか?決済目標を決めるコツ
→バイナリーオプション攻略法。決済目標を決めるコツ。ゾーン分析
・バイナリーオプション攻略のコツ、低リスクな通貨を攻める
→あなたが知らない、バイナリーオプション攻略に有利な通貨ペア
・口座開設+入金だけ!取引無しでもらえるキャッシュバック。
→もらわないと損!口座開設+入金のみで3,000円
・動かない時間に取引して負けてませんか?バイナリーオプションで勝ちやすい時間
→バイナリーオプションで勝てる時間帯は?
・初心者必見。負けパターンを知って必勝法に近づくコツ
→バイナリーオプションで、初心者が勝てない場合の対処法
・バイナリーオプション初心者の8割が負ける、簡単な理由。
→節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。バイナリーオプションの秘訣。
・友人の友人がだまされた模様。金融庁、関東財務局も注意喚起!
→バイナリーオプションで詐欺?海外業者で騙されるパターン

2014-04-29 : バイナリーオプション攻略法実践検証記録 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

バイナリーオプション累計利益

【2011年12月1日から検証開始】
【累計利益額】+3,319,200円

プロフィール

DAISUKE

Author:DAISUKE
豪ドル1000通貨のトラリピでFXの世界に入りました。トラリピ設定は他の人のものを参考にしていますが、一応自分でもシミュレーションをして、200万円でスタートしています。年利20%~30%を目指して、不労所得を実現したいと思います。またバイナリーオプション取引も、バイナリーオプション専用の戦略・攻略法を考えて、勝てる確率が高そうな相場だけ攻めるように工夫しています。よろしくお願いします!

FXブログ内検索

円高暴落予想方法

円高暴落を事前に予想する手法
→円高暴落予想方法詳細記事

トラリピ・サイクル注文累計利益

【トラリピ】
【2011年10月17日から200万で取引開始】
【累計利益額】 +2,565,567円
【現時点の利率換算】128.28%
【平均年利】約24%

【サイクル注文】
【2015年1月2日から100万で取引開始】
【累計利益額】+697,114円
【現時点の利率換算】69.71%
【平均年利】約40%(上記トラリピと
 同資金、同注文量で計算した場合)