スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドルトラリピ実践検証658日目】日銀全員一致で金融政策維持決定

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証658日目となる
4月29日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
祝日で動きがあまり出なかったためトラリピも約定無し。

また今日の日銀金融政策決定会合は現状維持となりましたし、
黒田総裁会見もそれほどサプライズがないかもなので、
夜の米GDPとかFOMCでどうなるかですね。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



4月29日の約定はなし。



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・なし



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,171,056円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.55%



火曜は祝日で自分もあまり相場を見てなかったんですけど、
一応夕方頃円安の動きは出ていたみたいですし、今日の状態を見ると
円安気味なのかなという気がするので、これがFOMCでどうなるかで、
トラリピの約定が決済か新規か、決まってきそうですね。

またFOMC後には大きく動く可能性もありますし、
そうでなくても雇用統計が週末にあるので
そこで一気に強い動きが出る可能性もあります。

それが暴落方向にいった場合は結構多くの人が困りますけど、
このトラリピ設定は元々大暴落が来ても全然大丈夫なように設計されていて、
とくに25銭間隔というのが絶妙で、狭い値幅でもしっかり約定しますし
回転率が良いので、ポジションの量はあまり変わらないのに
利益だけがどんどん増えて安全性も増していくという仕組み。

さらにこれまで2年半以上やってきて、
約定しなかったのは月平均1日といった回転の良さです。

このトラリピ設定はトラリピ研究者さんのものを参考にしたんですけど
研究者さんが過去の膨大なデータを元に時間をかけて事前検証され、
その結果最も効率が良く約定し、なおかつ大暴落でも安全な通貨と値幅が
豪ドル、25銭間隔だったということで、さらにリスクを調整できるよう
それを3000通貨にして運用されているのを参考にしたもの。

実際に昨年12月半ばで検証開始から2年2ヶ月経過して、
利率換算50%を超えて開始当初の資金200万が300万に増えました。

その後も良いペースで増え続けていてまもなく60%というところで、
よくよく考えたら銀行とかに預けているのがバカらしくなりますし、
この成績が、大暴落が何度もあったにもかかわらず、安全に達成できている、
というのが正直かなり驚きです。

また研究者さんによれば、今年はファンダメンタルズ的に大きな材料があるので、
通常なら年始で終わる稼ぎ時がまだ続いていて、お盆まで続くのでは、
という予想をされていますのでまだまだ楽しみです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。