【豪ドルトラリピ実践検証668日目】決済続くがまた96円を前に失速

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証668日目となる
5月13日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
夕方から夜にかけての円安局面で決済が約定して利益が増加。

でも豪ドルはまた96円手前で失速していて、ここで下げれば、
またトラリピは新規が約定しますし、決済でポジションが減ったところに
しっかり仕込みができるので良いペースになるかもです。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



5月13日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・95.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+780円(うちスワップ金利30円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,176,366円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.82%



この豪ドルトラリピ25銭間隔設定というのは
元々大暴落が何度か連続してもびくともしないぐらい
安全に設計されているうえ、荒れれば荒れるほど
約定回数が増えて利益が増え、その利益で証拠金が増え、
維持率が上昇しますので、この際豪ドル円が96円前に失速して
大暴落してくれても面白いなとも思います。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったそうです。

実際にこれまで実践してきた2年7ヶ月の中でも
大暴落相場はありましたけど、暴落しても維持率はかなり高く
まだまだ下げても余裕ぐらいのトラリピ設定というのが実感できました。

それでいて、約定しないのは月に1日程度の高回転の設定で
なおかつ昨年12月半ばに2年2ヶ月経過した時点で利率換算50%を突破し、
開始当初の資金200万は300万以上に増え、まもなく利率60%。

またトラリピ研究者さんが以前から書かれていたことですが
毎年お盆明けから年末年始が年間最大のトラリピ稼ぎ時ということで
その通りに毎年その時期はペースが格段に上がっていますから、
今年もあと3ヶ月ほどしたら稼ぎ時がくるのが楽しみです。


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT 0