スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドルトラリピ実践検証672日目】日銀会合でさらに円高か

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証672日目となる
5月19日月曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
昼頃から豪ドルが下落して新規注文が1回約定して仕込みに成功。

これで豪ドルは94円前半まで来ましたけど、ここは5月5日につけており、
ここを抜けると3月の91円台などもあり得るだけに面白くなりそうですし、
下げればトラリピもかなり面白くなってくると思います。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



5月19日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・94.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,177,146円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.86%



今週は下落からスタートしていますけど、この後日銀会合や、
FOMC議事録などもあって、イベントも十分ありますから、動きも期待できます。

特に豪ドルトラリピ25銭間隔設定の良いところは
大暴落でも全く危ない場面はなく、維持率も十分あって
むしろもっと下落してくれても良いぐらいの状態になることであり
それでいて暴落時にも決済を挟んだり、翌日にはもう戻しによる決済が入り
一週間トータルでもものすごい数の注文が約定することですから、
重要イベントで動けば動くほど稼げるという形になります。

こういう約定パターンがあるからこそ、豪ドルトラリピ運用者の8割が儲けている、
というデータが出るのも非常に納得がいきますし、自分も体験しているだけに、
ここで暴落が来ればかなり面白いですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

現在の設定はトラリピ研究者さんが事前検証された結果
安全性と効率の良さを追求して設定されたものを真似ているんですけど
ずっとこれまでトラリピをやってこられている研究者さんによれば
毎年恒例かつ年間最大のトラリピの稼ぎ時が、9月から年末年始とのこと。

実際昨年もお盆明けから急速にペースが上がったりしましたけど、
今年もまたその期間がやってくるのが楽しみ。

もともと大暴落しても大丈夫なようにと考えられていて
なおかつ小さい値動きでも約定するといいうことに加え
上下動が上手く交互に来るので、ポジションの量はあまり変わらず
利益だけがどんどん増えて、その利益で証拠金も増えて、
証拠金維持率が上がって、結果さらに安全性が増すという設定なので
今週の重要イベントをこなす中での約定も非常に楽しみです。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。