【豪ドルトラリピ実践検証673日目】豪ドル円高止まらない!次は91円か。

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証673日目となる
5月20日火曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
豪ドル円の下落がクロス円の下落を先導するような形になり、
新規注文が4回約定して前日に続いて順調に仕込み完了。

昨日の記事で書いたように、これで豪ドルは5月5日につけた94円前半を割ったので、
次は3月につけた91円台が見えており、日銀会合や黒田総裁会見などで
大きな動きが円高方向に出たら、そこもあり得るかもしれません。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



5月20日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・94.53買い
・94.28買い
・94.03買い
・93.78買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,177,146円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
58.86%



火曜はなかなかの下落になりましたけど、今日は日銀会合と黒田総裁会見ですし、
BOE議事録やFOMC議事録もあって材料は十分なので、トラリピにとっては
かなり面白い相場が続くかなと。

もともとこの豪ドルトラリピ25銭間隔設定というのは、
大暴落でも安全過ぎるぐらいの証拠金維持率ですし、
それでいて小さい値動きでも約定する効率性を持ち合わせてるんですけど
これもトラリピ研究者さんが膨大な過去データから
最も資金的に安全で、なおかつ回転が良くて利益も出る、という組み合わせは
どの通貨とどの値幅で、どのぐらいの注文量かということを
長い時間かけて見つけ出された結果。

大暴落でもまったく相場が気にならないぐらいの安全性で
2年2ヶ月経過した昨年12月半ばで、利率換算50%を超えており、
開始当初の資金200万が300万以上になっていますから、
開始時点よりも証拠金1.5倍以上になり、その分安全性が増しているわけで、
回せば回すほど稼げて、なおかつ安全になっていくという特徴があり、
これのおかげで豪ドルトラリピ運用者の8割が儲けているのかもですね。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

またトラリピ研究者さんが以前から書かれていたのは、
毎年9月から年末年始が年間最大のトラリピということと、
今年は一度GWあたりで終わったが、まだ復活の可能性があり、
復活すれば、また次のお盆あけから始まる稼ぎ時につながって
非常に長い間稼ぎ続けるのではないかということ。

そういうことも考えてトラリピをする場合
稼ぎ時から2,3ヶ月だけトラリピを仕掛けるというのも
意外と効率良くて面白い投資方法かもしれませんね。

日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



6月30日まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
Quoカード1,000円 & 3万ポイント、さらにストラッププレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140401.jpg

COMMENT 0