スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バイナリーオプション攻略法実践検証683日目】米消費者物価指数前後でBOチャンスか

バイナリーオプション攻略法実践検証683日目

月曜は、先週のマレーシア航空機撃墜の影響もあまりなく、
ほとんど相場が動かなかったため、バイナリーオプション攻略法でも
どう考えても様子見するのがベストという相場になり、取引はせず。

しかし今日は米消費者物価指数の発表が予定されていますし、
前後に米指標が重なるため、チャンスとなる可能性もあり、
今月ここまでの取引を復習しながら準備したいと思います。

7月のバイナリーオプション取引結果(2勝0敗)
7/10バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/15バイナリーオプション検証結果(1勝)

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


また昨日も取引はしませんでしたけど、相場分析は行っていて、
まず低リスク通貨の分析の段階で、既に差がほとんど無かったので、
昨日はリスクが高いなと感じました。

こうなるともう次の分析にいくまでもなく取引は断念なわけですけど、
こうやって毎日分析していることで、流れが読めている部分もあり、
これが実はバイナリーオプション攻略法のなかでも重要な要素なのでは、
と最近は思いますので、徒労に終わるような気がしても、きっちりやっています。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



また節目はほとんど動きがなかったことから変わらずで、
ドル円なら102円超えからの102.50狙いや、
101円割れからの100.50円狙いなど。

ユーロ円なら137.50超えからの138円狙いや136.50割れから136円狙い。
ポンド円なら174円超えからの175円狙い、172.50割れからの172円狙い。

そして豪ドル円はまたレンジに戻っているだけに少し難しく、
自分のなかでは一応今は回避という感じです。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予測ツールのサインも昨日はまったく良い状態ではなく、
どう考えても避けた方が良いなという感じでしたから、
まあ様子見でも仕方なかったかなと思いますね。

ただサインの状態も、ここから全体が円安とか円高とか
多くの通貨で揃うようになれば面白くなってきますし、
それは過去の取引でも勝率が高かったパターンですから、
毎日チェックしておくことは重要になってくると思います。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



また取引の時間帯についても、集中して狙うのはこれまでと同じで、
過去の取引回数、勝率ともに良いという時間帯である19時台の判定時間から、
夜中寝る前までの仕掛けで、27時台の判定時間狙いぐらいまで。

特に今日は米消費者物価指数が注目されていますから、
ニューヨーク市場で狙い目が来るかもしれないと考えて見ておくつもりです。

サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



そして取引通貨は、これまで通りポンド円とユーロ円を軸にしますけど、
ドル円は米消費者物価指数の発表ということもありますし、
前回書いたように節目がわかりやすい状態になっているので、
狙えたら狙っても良いかなと思っています。

あと豪ドルは前述のように節目の問題とレンジの問題で様子見ですけど、
逆にレンジが得意な人はレンジで狙うと狙いやすいかもですね。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。





バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+1,723,150円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法と、利用業者について。


COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。