【バイナリーオプション攻略法実践検証691日目】米雇用統計でBOチャンスとなるか

バイナリーオプション攻略法実践検証691日目

木曜は雇用統計待ちでまた相場の動きが止まってしまったので、
バイナリーオプション攻略での取引は難しいと判断して様子見。

結局7月は3回取引して3勝0敗と、結果を見れば良いんですけど、
6月7月は動きが小さくてトータルで6回の取引しか出来ておらず、
だいたいそれまでの半分以下ぐらいの取引回数になっているので、
ちょっと自分のなかでは物足りない感もあります。

でも雇用統計から8月は大きく動くかもしれませんし、
円高になりやすいというアノマリーも有名なので
チャンスがあればバイナリーオプション攻略法で攻めたいなと。

7月のバイナリーオプション取引結果(3勝0敗)
7/10バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/15バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/30バイナリーオプション検証結果(1勝)

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


でも木曜は取引しませんでしたけど、相場分析はやっていて、
まず低リスク通貨の分析では、前の日の円安気味の動きが反転し、
円高気味になってきていました。

でも差が開いているかというとそうでもなくて、
円が強めというぐらいで、あとはもうリスクが高いな、
という感じで、この時点で取引は難しいと感じました。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



でも節目はこれまでと少し変わってきていて、
ドル円なら103円超えからの103.50狙いや、
102.50割れからの102円狙いなどがいけますし、
雇用統計だとさらに50銭ほど上下に見ておいても良いかなと。

またユーロ円なら138円超えからの138.50狙いや
137.50割れからの137円狙い。

ポンド円なら174円からしっかり伸びた場合の175円狙いか、
173円割れからの172円狙いあたり。

そして豪ドルはまた96円手前にあるので微妙ですけど、
96円に乗ってからの反落狙いは今でも考えていて、
そういう意味では雇用統計では除外しても良いかなと思っています。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予測ツールのサインも昨日は全然でしたから、
ここはもう様子見がベストだなと思いましたね。

でも今日は雇用統計で、その後動きが出た場合はチャンスですし、
バイナリーオプション攻略法でも狙いやすい相場の代表格なので、
発表直後ではなくって、少し時間が経過して流れが出来たところを狙う、
という考え方で分析をやっていきたいなと思います。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



また狙い目の時間帯については、雇用統計の前後狙いで、
特に発表後しばらく時間が経過してからをメインに考えていて、
明日は休みなので夜中まで範囲として入れて置いて良いかなと。

あとは雇用統計前に思惑で動くというパターンも過去にはあったので、
そういう動きが出てもすぐに動けるよう、分析は夕方から、
みっちりとやっておきたいと思っています。

サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



そして取引通貨は、雇用統計だけにドル円メインですけど、
意外とドル円と連動してユーロ円とかポンド円も同じように動く、
みたいなことも過去には多かったので、それも頭に入れて。

その場合はドル円よりユーロ円やポンド円のほうが、
値幅が出やすいことが多いですから、そういう動きが出たら
ユーロ円やポンド円でと思っています。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。





バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+1,739,350円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法と、利用業者について。


COMMENT 0