【豪ドルトラリピ実践検証740日目】豪ドル96円突破目前。イエレンFRB議長講演で抜けるか

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証740日目となる
8月21日木曜日の豪ドルトラリピ実践検証結果は、
午前中豪ドルが少し下落しましたけど、その後また上昇し、
決済が1回約定してスワップ金利ものって利益が増加。

ここのところ円安に伴って決済中心になってきており、
利益が出て証拠金が増え、維持率も上がっていますから
さらなる暴落への余裕が出来ていますし、このままイエレンFRB議長講演で、
上にブレイクしたら豪ドル円も96円を抜ける可能性もあるので期待です。
現在のトラリピ設定と約定結果

豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



8月21日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・96.53決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+1,536円(うちスワップ金利786円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,212,002円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
60.60%



中長期予想の結果でも、何度も書いてますけど、この96円台が重要で、
ここを抜ければ100円台が見えるだけに、豪ドルの今後数ヶ月を見るうえで
かなり重要な位置に来ていると言えます。

でもこれまでは何度もこの96円台で反発下落するパターンになっていて、
一応今回も、また抜けるのに失敗したらその下落を考える必要がありますし、
その場合の中長期予想での目処は、一つ目が93円二つ目が91円。
そこも割った場合は89円が見えるので、これは頭に入れておきたいです。

自分の場合この節目以上に暴落しても大丈夫なようになっていますし、
豪ドルトラリピ25銭間隔設定では、暴落中も途中で決済を挟んだりして、
単に一直線で新規ポジションが積み上がることはありません。

実際これまで2年10ヶ月ほどトラリピを回してきてますけど、
大暴落は何度も経験しており、そのたびに逆に稼げました。

それでいて開始から2年2ヶ月経過した昨年12月には
開始当初の資金200万が300万を突破して利率換算50%に。
つまり開始時でも安全に設定を組んだものが、さらに100万以上上乗せされ、
その利益で証拠金が増えたために安全性もさらに増すというスパイラルで、
どんどん安全になりながら稼いでいくという面白い設定です。

この設定はトラリピ研究者さんが考えられたものを参考にしていて
過去の膨大なデータを元に色々な通貨と値幅の組み合わせを検証された結果
最も約定ペースが良くて、安全で、大暴落でも大丈夫な組み合わせが
豪ドルで25銭間隔で、3000通貨という組み合わせになったとのこと。

実際公式データでも、豪ドルトラリピ運用者の8割が儲かっている、
というデータが出ていますから、いかにこの設定が優秀かというのがわかるかと。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

なのでポイントはそれぞれの人によって違う資金量に対して、
どのぐらい暴落したら、資金がどうなるのかを計算しておくことで、
これは先ほどの中長期予想によって算出しておくことができるので、
資金量に合わせて暴落目処の算出と、計算、あとは、必要であれば、
設定値幅を広げたり、注文量を減らしたり、注文をストップしたりと、
どこまで下げたらどういう行動をするか、というところまで落とし込んでおくと、
もう完全に安心して回せるという感じです。

この暴落目処の分析方法はGMOクリック証券のプラチナチャートの平均足分析を利用し、
これによって最悪どこまで落ちるかをチェックするという感じ。

これで目処を算出しておくことで、最悪の場合の資金量と
注文量、注文値幅など、トラリピ設定にどこか欠点があれば、
修正しておくこともできますし、逆に余裕すぎるぐらいの設定なら、
もうちょっと利益重視に変更したりということも可能です。


使い方

・まず口座開設 → ログイン → プラチナチャート起動 → 「平均足」を選ぶ



・青色の陰線が連続すると売りサインと判断
・赤色の陽線が連続すると買いサインと判断

<ポイント>
足の長さが重要で、時間軸によって足の長さとのバランスを見て
中長期目線のトレンドを見るという感じが一番予想できるかと。

逆にさらに素早く危険を察知する方法をとりたい場合、
足を短くして8時間足あたりにする方法もありますが、
これだとちょっとダマシに引っかかる可能性が増えます。

もっとも、リスクを避けるという観点だけで考えれば
8時間足も有効なので、日足と8時間足を両方使うことで
危険を早く察知して、トラリピも通貨量を減らすとか、
注文値幅を広げるという対応を事前にとることが可能
です。


ちなみにこのツールは、口座を持っていれば無料で利用できますし、
GMOクリック証券は、オリコンランキングで顧客満足度NO.1で、
スプレッドも豪ドル円のスプレッドは1.0銭ですから、
予想ツールを使いつつ、自分でトラリピをベースにして、
裁量取引も行うのも面白いと思います。

gmo20130803a.jpg

【期間限定】最大5,000円キャッシュバックも実施中
→GMOクリック証券無料口座開設申込詳細
(所要時間約10分ほどで完了します)


日経新聞でも紹介(年利33%)されたトラリピ!
口座保有者の74%が儲かっている。&豪ドルなら81%。
自動でトラリピができるのは特許取得のマネースクエアジャパンだけ!

http://www.m2j-3.biz/



9/16まで、このブログからのトラリピ申し込みで、
下記のキャンペーン企画を実施中です。
うまく使っていただければ幸いです。


【期間限定!】当ブログからの申し込みで
・初回入金→JTBナイスギフト1,000円
・初取引→JTBナイスギフト2,000円
・30万通貨取引→Kindle Fire HD 7タブレットプレゼント

→http://www.m2j-3.biz/
m2jcpn20140620.jpg

COMMENT 0