スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドルトラリピ実践検証869日目&サイクル注文実践検証34日目】ギリシャ問題で豪ドル91から93円のレンジ入りか

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証869日目、
そしてサイクル注文実践検証34日目となる2月19日木曜日は、
ギリシャが支援の延長を申請しましたけどドイツが拒否、
ということでちょっと相場が急変したりするなかで、
豪ドルトラリピで新規2回、サイクル注文で新規2回決済2回が約定。

また節目では昨年12月26日の記事で書いた円高予想節目の1つ目である
93円を割った状態が続き戻せませんでしたから、このまま91円とのレンジ入り、
ということになるかもですし、ギリシャ問題で何かしら大きな動きが出て、
上下どちらかの節目を抜ければまた新展開ということになってくるかと。
現在のトラリピ・サイクル注文設定と約定結果


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



2月19日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・92.78買い
・92.53買い



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+0円



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,567,937円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
78.40%



豪ドル1000通貨サイクル注文約定結果
・92.53買い
・92.28買い
・92.53決済
・92.78決済



1日の豪ドル1000通貨サイクル注文利益額
+500円



豪ドル1000通貨サイクル注文(2015年1月2日開始以降)の確定利益額
+38,870円



サイクル注文開始資金(100万)に対する利率
3.89%



また今回はトラリピでは新規2回だけだったのに対して、
サイクル注文では同じ設定位置ながら新規でもより下まで約定し、
さらにそこからの戻しでも決済が2回約定する流れとなっていて、
手数料がスプレッドに加算されるトラリピに対して、
加算されないサイクル注文の有利さがはっきり出ているなと思います。

これだけ日々差を感じると、トラリピよりもサイクル注文のほうが
圧倒的に稼ぎやすいですし、利益が出る回数が多いということは、
その分証拠金が増えていく速度も早まります。

なので、証拠金が増えると安全性もあがりますから、
同じ設定位置で比較していても速く利益が出て、
速く証拠金が増えるサイクル注文のほうが有利。

元々8割以上が儲けているという豪ドルトラリピで、25銭間隔設定を開始してから、
もう3年4ヶ月ほど経過してますけど、このトラリピでさえ、開始当初の資金200万は、
現在350万を超えていて、年利平均24%のペースで現在78%まできています。
※過去記事→トラリピなら8割が儲かるってホント?

しかもこの3年以上の間に大暴落は何度も経験しているわけですけど、
多くの人が恐れるであろう大暴落が、逆にチャンスになるということもわかりました。

というのも、暴落するときというのは戻しも急に入りやすいことが関係していて、
設定さえ安全に最初に設計しておけば、暴落したときの強烈な下落と
その後の強い戻し、またその繰り返しによって、リピート注文がバンバン約定し、
とにかくポジションの変化に対して回転する回数が多くなるという感じ。

なので暴落で一度も危ないと思ったことは無いですし、
もっと暴落してほしいぐらいの気持ちで相場を見られるようになって
とても精神的にFXでの資産運用がラクになりました。

また利益が150万以上出て、これは全て証拠金にプラスされてるので、
その分最初よりも格段に安全性は増していますし、その繰り返しによって、
どんどん回せば回すほど安全晴と利益が増えていきます。

こういうことを経験してサイクル注文を取り入れてみたわけですけど、
このトラリピをさらに上回る効率の良さというのを1ヶ月で既に実感していて、
これまたスイス中銀の介入終了とかRBAのサプライズ利下げなどに伴う
暴落相場も経験しながらなので、今後はやはりメインになるかなと思いますし、
実際ペース的には1ヶ月で利率3%、年利にすると36%ペースで稼げています。

また自分がトラリピ設定の参考にしたトラリピ研究者さんは、
この豪ドル25銭間隔設定に加えて、10銭間隔で各通貨の検証をされていて、
それを見ると他の通貨で10銭間隔というのもかなり可能性があるかと思うので、
自分ももう少し豪ドルで同じ設定でやってみて、その先には10銭間隔で、
他の通貨で回すこともやってみようかなと思っています。

→サイクル注文の比較検証を開始されたトラリピ研究者さんのブログ


ちなみにサイクル注文とは、初心者向けのリピート投資であり、
自分の「資金量」を入力して「変動想定幅」を期間で選択するだけで、
勝手に最適な注文量、注文値幅、損切り位置を計算してくれて、
機械的に最適な状態でリピート投資ができるようにしてくれる仕組み。

つまり下がったら買って、上がったら売ってという繰り返しですけど、
それを自分で難しい計算をしなくても良いようにしたものです。

cycle20150204.jpg


ではもし想定したレンジを外れたらどうなるかというのは、
サイクル注文の場合は外れたら自分で設定を変更するために、
一度全て注文を解消して入れ直す、あるいはIFDONEなどで
自分で設定していくという方法があります。

でもiサイクル注文なら、設定レンジを外れた場合も自動で追従してくれて、
何もしなくて良いので、初心者にはiサイクル注文が良いかと。


また注文方法は、外為オンラインで口座を作って、
新規注文の選択肢の中にある「iサイクル注文」を選ぶだけ。
もちろん1,000通貨単位からも可能ですから、小額の資金でも
かなりリスクを低く出来るという点も初心者でも安心です。

個人的にもトラリピを3年以上やってきて、サイクル注文も導入して、
比較しながらやってますけど、圧倒的にサイクル注文のほうが、
注文回数も多くなる分利益は増えますし、それでいて同じ設定なら、
ポジション量の増え方はトラリピと同じなので、利益だけどんどん増えて、
安全性が上がっていくため、回すほどに安全と利益が向上するというのは
やっていて面白いなぁと思います。

cycle20150204b.jpg


初心者でも簡単!回すほどに安全性と利益向上!
iサイクル注文・サイクル注文詳細

http://www.gaitameonline.com/icycle/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。