スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪ドルトラリピ実践検証873日目&サイクル注文実践検証38日目】M2Jが外為オンラインを特許権に基づく差止請求訴訟の提起

豪ドルトラリピ25銭間隔設定実践検証873日目、
そしてサイクル注文実践検証38日目となる2月25日水曜日は、
トラリピもサイクル注文も決済が3回で、豪ドルが強い1日となり、
節目でも昨年12月26日の記事で書いた円高予想節目の1つ目である
93円をずっと維持したまま1日を終えていて、これは96円が見えるかもです。

またM2Jが外為オンラインを特許権に基づく差止請求訴訟の提起、
ということが情報として入ってきて、どうやら東京地方裁判所に訴えたそうで、
これが今後サイクル注文にどう影響するか、気になります。
(訴訟の内容は記事後半で紹介)
現在のトラリピ・サイクル注文設定と約定結果


豪ドルFXトラリピ初期設定
・注文開始箇所・・・105.28
・注文種類・・・買い注文でトラップリピートイフダン
・利益確定幅・・・1000通貨あたり250円(3000通貨なので1回で750円の利益計算)
・注文設置間隔・・・25銭ごとに設置



2月25日の約定は以下



豪ドル3000通貨トラリピFX約定結果
・93.28決済
・93.53決済
・93.78決済



1日の豪ドル3000通貨トラリピFX利益額
+2,961円(うちスワップ金利711円)



豪ドル3000通貨トラリピFX(2011年10月17日開始以降)の確定利益額
+1,574,963円



トラリピFX開始資金(200万)に対する利率
78.75%



豪ドル1000通貨サイクル注文約定結果
・93.28決済
・93.53決済
・93.78決済



1日の豪ドル1000通貨サイクル注文利益額
+1,030円(うちスワップ金利280円)



豪ドル1000通貨サイクル注文(2015年1月2日開始以降)の確定利益額
+41,673円



サイクル注文開始資金(100万)に対する利率
4.17%



ちなみに訴訟の内容を引用すると以下の通り。

原文:http://www.m2hd.co.jp/pdf/press/270223_InjunctionLawsuitBasedOnPatentRights.pdf

--以下引用--

(1)本訴訟に至った経緯及び概要
今般、当社は外為オンラインが2014年10月にサービス提供を開始した「サイクル注文」及び「iサイクル注文」が、当社の保有する特許権(特許第5525082号及び特許第5650776号)を侵害していると考え、その差止めを求める訴えを提起いたしました。

(2)訴訟の提起日及び裁判所
訴訟の提起日:2015年2月19日
訴訟を提起した裁判所:東京地方裁判所

(3)本訴訟の相手方
株式会社外為オンライン(東京都千代田区 代表取締役:古作篤)

(4)本訴訟の内容
外為オンラインに対する主な請求内容は、以下の通りです。
・当社特許権に基づく「サイクル注文」及び「iサイクル注文」のサービス提供停止

(5)今後の見通し
本 訴訟の進捗に応じて必要な開示情報が発生した場合には、速やかに開示いたします。尚、本訴訟が当社の連結業績に及ぼす影響は現時点では軽微であると考えま す。当社は、知的財産権を重要な経営資源の一つであると考え、平素よりその権利の取得及びその適正な活用を図っております。

引き続き、当社は、保有する知的財産権を侵害すると考えられる類似サービス・プログラムに対しては、一切の法的措置を含め、断固たる対応を採っていく所存です。

--以上引用--


ということで今後がどうなるか気になりますが、差し止めとなったら、
たとえば新規でのサイクル注文はできないという感じになるのかなとか、
現在のポジションはリピートせずに残るのかなとか色々考えますけど、
さすがにこれは裁判なので自分でも予想はつかないです。

リピート注文自体が世界的に見てどうなのかというのも
ちょっとこの機会に調べてみようかと思いますけど、
トラリピとサイクル注文を比較しながらやっている自分としては、
どちらでもかなり秀逸な投資方法だなと思うので、
裁判の行方はかなり気になりますね。

でもトラリピだけでも既に3年4ヶ月ほどやってきて、
年利24%ペースで順調に稼げていて現時点で78%を超えており、
開始当初の資金200万は360万円近くに増え、この利益が増えた分、
当然安全性も最初より格段に上がるということが体験できているので、
最悪トラリピだけでも十分稼げる道は確保できてるなと思います。

ただサイクル注文はトラリピよりも利益が上がるペースが速く、
手数料がスプレッドに乗らない分、そのペースもトラリピの1.5倍ぐらいで、
実際1ヶ月で利率3%、年利換算36%ぐらいのペースで稼げている投資法なので、
こちらも残ってくれたら嬉しいなとは思いますが。

また自分がトラリピ設定の参考にしたトラリピ研究者さんは、
この豪ドル25銭間隔設定に加えて、10銭間隔で各通貨の検証をされていて、
それを見ると他の通貨で10銭間隔というのもかなり可能性があるかと思うので、
訴訟の行方はありますけど、サイクル注文が残るようであれば、
10銭間隔で他の通貨で回すこともやってみようかなと思っています。

→サイクル注文の比較検証を開始されたトラリピ研究者さんのブログ


ちなみにサイクル注文とは、初心者向けのリピート投資であり、
自分の「資金量」を入力して「変動想定幅」を期間で選択するだけで、
勝手に最適な注文量、注文値幅、損切り位置を計算してくれて、
機械的に最適な状態でリピート投資ができるようにしてくれる仕組み。

つまり下がったら買って、上がったら売ってという繰り返しですけど、
それを自分で難しい計算をしなくても良いようにしたものです。

cycle20150204.jpg


ではもし想定したレンジを外れたらどうなるかというのは、
サイクル注文の場合は外れたら自分で設定を変更するために、
一度全て注文を解消して入れ直す、あるいはIFDONEなどで
自分で設定していくという方法があります。

でもiサイクル注文なら、設定レンジを外れた場合も自動で追従してくれて、
何もしなくて良いので、初心者にはiサイクル注文が良いかと。


また注文方法は、外為オンラインで口座を作って、
新規注文の選択肢の中にある「iサイクル注文」を選ぶだけ。
もちろん1,000通貨単位からも可能ですから、小額の資金でも
かなりリスクを低く出来るという点も初心者でも安心です。

個人的にもトラリピを3年以上やってきて、サイクル注文も導入して、
比較しながらやってますけど、圧倒的にサイクル注文のほうが、
注文回数も多くなる分利益は増えますし、それでいて同じ設定なら、
ポジション量の増え方はトラリピと同じなので、利益だけどんどん増えて、
安全性が上がっていくため、回すほどに安全と利益が向上するというのは
やっていて面白いなぁと思います。

cycle20150204b.jpg


初心者でも簡単!回すほどに安全性と利益向上!
iサイクル注文・サイクル注文詳細

http://www.gaitameonline.com/icycle/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。