スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バイナリーオプション攻略法実践検証970日目】円高狙いのBO成功。戻すか再下落かの瀬戸際

バイナリーオプション攻略法実践検証970日目

水曜は火曜に負けていましたけど、悪い負けではなかったので、
ポンド円でバイナリーオプション攻略法での取引を実行して勝利。

前回の負け分の金額を全て取り戻すには至っていませんが、
やはり先月(下記)もそうだったように、一度チャンスが来ると、
連続して来やすいという過去のバイナリーオプション取引の傾向が
今回もしっかり出ていますし、相場は戻すか再下落かの瀬戸際で、
この次の動きでトレンドが決まれば、またチャンスも増えそうです。

7月のバイナリーオプション検証結果(8勝2敗)
7/7バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/8バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/10バイナリーオプション検証結果(1勝1敗)
7/21バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/22バイナリーオプション検証結果(1敗)
7/23バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/28バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/29バイナリーオプション検証結果(1勝)
7/30バイナリーオプション検証結果(1勝)

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


で、今回の取引ですけど、取引時間は22時10分頃から24時の判定時間狙いで、
これはこの1年間ほどで急速に取引回数が増えている時間帯で、
以前は夕方の欧州市場前半が多かったわけですけど、
この時間帯も動きやすいと発見した時間帯でもあります。

またこの時間は残業も終わって帰宅した後なので
しっかり分析の時間が取れるというのも良いところ。

そして今回も偶数時間の判定時間なわけですけど、
夏時間でも夕方の18時台、夜の22時、24時台のように、
偶数時間が狙えるのは、FXプライムの外為オプションのおかげで、
それまでは奇数時間、19時とか21時とかの判定時間だけだったので
それだけ選択肢が増えたというのは有り難いですし、
選択肢が倍になるため持っておかないと損ですね。

使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!
FXプライム 「選べる外為オプション」詳細

→https://www.fxprime.com/binaryoption/


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



で、分析は今回もまず低リスク通貨の分析から行ったんですけど、
今回はまずこれまでの円高で全てが揃うという状況から変化が出ており、
ドル円とか豪ドル円などは少し戻しも見られるなかで、ポンドとかユーロが
弱いままで、円もそこそこの強さという感じだったので、この場合であれば、
円高狙いならポンドかユーロだなと。

で、前回はユーロを選択して、まあ結果は負けたわけですが、
これは通貨の選択が悪かったわけではなく、実際弱いものを選んだけど、
最後に戻しがタイミング悪く入ってしまったがゆえの負けだったので、
そこはあまり意識しすぎずに、どっちが弱いかをチェック。

するとこの差は微妙だったので、この場合なら値幅優先で、
ポンド円のほうが有利だなと判断しました。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



また節目においては、187円を既に割っていたので、
これなら186円まではあるなという感じでしたし、
そこまでの値幅にして60銭ほど余裕があったので、
これなら多少の戻しでもいけそうだなと。

やはり節目的にもポンドのほうが広いので、
狙いやすいという側面はあると思いますし、
その点前回の負けと同じような戻しがあっても、
おそらく大丈夫なのではないかと判断しました。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予想ツールのサインはこれまで通りで、
しっかり下向きの状態となっていましたし、
これは実際の値動きとは違い、ドルや豪ドルも下向きで、
まだ大きな流れとしての円高は変わっていないのだなと感じましたし、
これなら勝てる可能性が高いのではと感じました。

また前回、前々回などと同様に、今回もドル円クロス円が
同じ方向で揃うというパターンで、これは過去の取引においても
最も勝率が高かったパターンですから、理想的な状態だなと。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



ということで時間は22時10分頃からで、
取引ロットは30、購入金額17,340円。

他の業者ではこの時間帯に判定時間がないという点から、
今回はFXプライムの選べる外為オプションでの取引です。

で、この後はもう相場を見ても見なくても結果は変わらないので、
風呂に入ったりしてゆっくり過ごしたわけですけど、
仕事が終わった後でも、仕掛けるまで頑張ってしまえば、
あとは勝手に終わりますし、見ていても見ていなくても、
結果が変わるわけでは無いというのが良い点ですね。

そして風呂に入って撮りためた録画を見たりして、
寝る前に結果をチェックしたところ、かなり下げていて、
1円50銭ほど値幅が出るという余裕の状態で勝利。

ということで3万円払い戻しで投資額の17,340円を引いた、
+12,660円の利益となり、前回の負け分の-15,030円を
全部取り返すことは出来ませんでしたけど、ある程度取り戻しましたし、
チャンスが連続するという傾向も改めて確認できたので
なかなか良い内容だったかなと思います。

また今回はポンドに戻ったわけですけど、
これまで圧倒的にポンドが多いというのは、
やはり勝率を求めて分析した結果でもあるので、
そういう意味で攻めやすい通貨なのかなと思いますね。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。




8月のバイナリーオプション検証結果(6勝2敗)
8/5バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/7バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/10バイナリーオプション検証結果(1敗)
8/20バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/21バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/24バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/25バイナリーオプション検証結果(1敗)
8/26バイナリーオプション検証結果(1勝)


バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+2,368,300円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライムの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライムで提供されているもので、
 現在最大9万円のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設でも8,000円貰えますし、友達紹介での3,000円や、
 アプリからの注文で1,000円、そしてミラートレーダーでは最大78,000円と、
 合計9万円がもらえるというお得な内容で、この9万円を原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の4社
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライムの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/


・通貨の種類が多いFXTF
・ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円を主に取引。
・19時20分、21時20分など、2時間おきに来る判定時間狙い
→FXトレードフィナンシャルの「バイトレ」詳細
http://www.fxtrade.co.jp/bo/bt/lp/index_fxtf.html


・判定時間の選択肢を増やせるトレイダーズ証券
・ドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペア
・FXTFより少しずれているため、その差を利用する、
 ということで同じ狙い目通貨を2回狙うことも可能
→トレイダーズ証券の「みんなのバイナリー」詳細
http://min-fx.jp/bo/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。