雇用統計発表後のバイナリーオプション攻略方針

バイナリーオプション攻略法実践検証1145日目

水曜は1日中時間があったので、夕方の相場で、
ポンド円の円高方向でバイナリーオプション攻略法での取引を実行。

GWなのでのんびりしようと思いつつ、つい相場を見てしまうのも
ちょっとどうかなと思ったりしましたけど、まあ取引が出来たので
そこは結果オーライかなと思ってます。

また相場の動きがちょっと上下に激しくなってきていて
雇用統計前だけに調整もあったりするのかなと思いますけど
雇用統計発表後は大きく動くだけにバイナリーオプションでも
しっかり準備出来ていれば絶好の攻略機会になるので、
方針としては発表後30分から1時間経過した時点で、
上下に荒れるではなく、上下どちらかに方向が出ていて、
かつドル円クロス円が連動していれば、バイナリーオプション攻略法
24時や25時台の判定時間狙いで攻略というのを基本に考えています。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


で、今回の取引ですけど、取引時間は16時20分頃から、
18時の判定時間狙いで、この時間はいつもなら仕事中で
余り狙えない時間帯。

でもこの次の判定時間は過去の攻略で最も取引回数が多く、
仕事がなかったり、都合がつけばその前の時間帯も動いていて
狙いたいなと思っている時間帯でもあります。

ここが狙えたのはGWだからということもありますし、
その点ではGWだからこそ取引出来たとも言えますね。

そして今回も偶数時間の判定時間なわけですけど、
夏時間でも夕方の18時台、夜の22時、24時台のように、
偶数時間が狙えるのは、FXプライム byGMOの外為オプションのおかげ。

それまで夏時間は奇数時間、19時とか21時とかだけだったので
1年間を通して考えると、選択肢が増えたというのは有り難いですし、
選択肢が倍になるため持っておかないと損ですね。

使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!
FXプライム byGMO 「選べる外為オプション」詳細

→https://www.fxprime.com/binaryoption/


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



で、分析は今回も低リスク通貨の分析から始めたわけですけど、
今回は幅広く見てから絞っていくというやり方で見ていき、
先月ようにポンド円を軸とせず、一度相場を広く見よう、
という方針のもとチェックしていきました。

その結果円高方向がまず有利だなというのがすぐわかり、
今度は通貨ごとにどれが有利かをチェック。

するとユーロポンドもポンドドルもポンドが売られていて、
円高方向に攻めるならポンド円が一番だということで、
結果的にはいつものポンド円になりました。

まあそれだけ狙いやすいという普段の実感が
改めて分析しても同じような分析結果として出た、
というだけかもですけど、時々広く見ておくということで
相場の流れを全体として掴めるので意味はあったかなと。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



そして節目としては、156円を超えられずに下落、
というパターンだったので、これなら155円は行くなと。

あとは155円をちゃんと割れば154.50ぐらいまで、
という感じでしたし、これはツールでも確認出来たので、
154.50までを想定して取引することにしました。

ちなみに節目については必ずチェックしておきたい項目で、
以前の記事※で書いたように、サポートとレジスタンスを
しっかり意識してラインをひっぱっておくと良いですし、
そのラインをブレイクすれば攻略しやすいですから、
誰でも簡単にできるこれは必須ですね。

バイナリーオプション攻略のコツ。時間の推移とサポート、レジスタンスを意識する

その上で下記のような業者の情報ツールによって
自分が引いたラインとの答え合わせをしておくと完璧。

あとはレジスタンスで跳ね返されたところを狙うのであれば、
あらかじめ振り幅の確認もしておくと良いと思います。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予想ツールのサインは短い時間軸が円高示唆で継続していたのと、
ドル円クロス円が全て円高で揃っていましたので
これは過去の取引でもっとも勝率が高いパターンでした。

なので条件的に悪い部分がないので、攻めるのが良いだろうと。
勿論条件的に悪い部分が無くても、負ける時は負けるので
勝率重視の攻略法でも全勝というのはないわけですけど、
それでもツールの状態が良いところで回数をこなせば
それなりに勝率が安定してくるという実感があったので、
条件が良ければまず取引という考えでいます。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



ということで時間は16時20分頃からで、
取引ロットは30、購入金額16,370円。

業者は今回もFXプライム byGMOの選べる外為オプションでの取引です。

で、今回はヒマだったので相場を見ていても良かったんですけど
バイナリーオプションの良いところは、相場を見ても見なくても
結果が変わらないことであり、判定時間になれば終わるところにもあります。

なのでGWでゆっくりしたいと思っていたところもあって
昔読んでいた漫画を全巻読破しようとしょうもないことを思いつき
どっぷり漫画漬けになって集中していたら、もう判定時間が過ぎていて。

そして結果をチェックしたところ、154.50までは届きませんでしたけど、
154.70あたりまではしっかり下落していましたので、
十分過ぎるぐらい値幅が出ていて勝利。

ペイアウトは3万円で利益は+13,630円となり、
5月最初の取引は利益を出して終えることが出来ました。


また次は雇用統計後が攻略の狙い目かなと思いますけど、
最初に書いたように、狙う時間帯はほぼ決めていますから、
あとは通貨ペアをどうするかというところ。

過去の攻略データを見ると、ドル円が動いたときに
意外とクロス円も連動して動きやすいのが雇用統計で、
それゆえにポンド円やユーロ円の取引も結構ありますし、
明日はドル、ユーロ、ポンドのなかから絞っていく感じで
相場を見ていけば精度も上がるかなと思ってます。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。




5月のバイナリーオプション検証結果(1勝0敗)
5/4バイナリーオプション検証結果(1勝)


バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+2,825,710円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大16万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大10万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円や、ミラートレーダーで最大5万円相当カタログギフトと、
 合計16万3千円相当がもらえるというお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の4社
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/


・通貨の種類が多いFXTF
・ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円を主に取引。
・19時20分、21時20分など、2時間おきに来る判定時間狙い
→FXトレードフィナンシャルの「バイトレ」詳細
http://www.fxtrade.co.jp/bo/bt/lp/index_fxtf.html


・判定時間の選択肢を増やせるトレイダーズ証券
・ドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペア
・FXTFより少しずれているため、その差を利用する、
 ということで同じ狙い目通貨を2回狙うことも可能
→トレイダーズ証券の「みんなのバイナリー」詳細
http://min-fx.jp/bo/

COMMENT 0