バイナリーオプション攻略の最適時間。NY市場前半はやはり狙い目

バイナリーオプション攻略法実践検証1155日目

水曜は火曜とほぼ同じ時間の22時過ぎから24時の判定時間狙いで、
バイナリーオプション攻略法で取引して勝利。

この時間帯は前回も書いたように、過去のバイナリーオプション攻略のなかで
2番目に取引回数が多く、勝率も2番目に高い時間帯なわけですけど、
特にこの2年ぐらいで急速に取引回数が増えてきているので、
将来的にはデータ上1番になるかもという時間です。

また今回は円安方向を狙った取引で、前回の円高方向とは逆ですけど
ポンド円は動きが大きいだけにこうやって反転しても狙いやすく、
それが豪ドルなどと比べると大きな差だと思いますし、
取引回数が最も多く勝率が高いのもポンド円なので
やはりポンド軸で勝てる時間帯に狙うのは面白いと思いますね。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


で、今回の取引ですけど、取引時間は22時過ぎから、
24時の判定時間狙いで、この時間は前回とほぼ同じで、
過去の取引の中で2番目に取引回数が多く、
勝率も2番目に高い時間帯です。

また今回も夕方の時間帯にも一応チェックしたんですけど
(この時間帯が一番勝率が高く取引回数も多い)
この時間は上昇したかと思ったらそれが止まって、
また下げて、みたいな動きになっていたので、
ここはスルーして残業してから帰宅。

そして相場を見たら上昇の流れが出来ていたので、
前日とは全く逆ですけど、ポンド円なら値幅が出るため
取引して勝てる可能性があると考えました。

そして今回も偶数時間の判定時間なわけですけど、
夏時間でも夕方の18時台、夜の22時、24時台のように、
偶数時間が狙えるのは、FXプライム byGMOの外為オプションのおかげ。

それまで夏時間は奇数時間、19時とか21時とかだけだったので
1年間を通して考えると、選択肢が増えたというのは有り難いですし、
選択肢が倍になるため持っておかないと損ですね。

使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!
FXプライム byGMO 「選べる外為オプション」詳細

→https://www.fxprime.com/binaryoption/


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



で、分析は今回も低リスク通貨の分析から始めたわけですけど、
今回は円安への動きに加えて、ポンドとドルが強かったので、
この時点でポンド円とドル円の円安方向に絞りこみ。

一応ここでは2つ候補として残して置いて、節目やツールのサインで
さらに絞り込んでいくことにしました。

自分の気持ちの中では過去の取引の勝率もあって、
ポンド円をメインと考えている部分はあるんですけど
あまりにこだわりすぎて他を見なくなると、取引の幅も狭くなり
結果的に良く無いかなと思って、今でも候補は一応残して
というスタイルは貫いています。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



そして節目としては、ポンド円で158.50を超えれば
159円まではあるという感じで、ちょうどその節目あたりで
22時というタイミングと重なりましたので、
ここでポンド円に絞り込みました。

ちなみに節目については必ずチェックしておきたい項目で、
以前の記事※で書いたように、サポートとレジスタンスを
しっかり意識してラインをひっぱっておくと良いですし、
そのラインをブレイクすれば攻略しやすいですから、
誰でも簡単にできるこれは必須ですね。

バイナリーオプション攻略のコツ。時間の推移とサポート、レジスタンスを意識する

その上で下記のような業者の情報ツールによって
自分が引いたラインとの答え合わせをしておくと完璧。

あとはレジスタンスで跳ね返されたところを狙うのであれば、
あらかじめ振り幅の確認もしておくと良いと思います。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予想ツールのサインは短い時間軸が上向きとなっていて、
長い時間軸は円高方向という形。

ただ前日と違ったのは上向きにサインがしっかり出ており、
前日のように変化が頻繁ではなかったので、ちょっと流れとして
短い時間軸は円安でできあがりつつあるのかなという雰囲気でした。

なので前日と逆方向でもポンド円なら値幅も出るし、
ということで取引するだけの価値はあるだろうと。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



ということで時間は22時過ぎからで、
取引ロットは30、購入金額は15,990円。

業者は今回もFXプライム byGMOの選べる外為オプションでの取引です。

で、今回も帰宅後でしたから、前回と同じように
仕掛けた後は撮りためていた録画を見たり、
風呂に入ったりして過ごすこと2時間ちょっと。

実は勝って利益が出ることは勿論嬉しいんですけど、
バイナリーオプションの魅力は、こうやって仕掛ける前に
しっかり頑張って分析したり絞り込んだりして仕掛けて、
その後開放感のなかでダラダラできるのが嬉しい時間だったりしますw

そして寝る前に結果をチェックしたところ、これまたちょうど159円に
乗ったところで判定時間となっていて余裕で勝利となり、
3万円ペイアウト。利益は+14,010円となりました。

ただひとつしまった・・というか悔やまれるというか、
自分のなかで引っかかっているのは、寝る前にチェックしたら
その時にまた上昇してたんですね。相場が。

なのでもう一度26時の判定時間狙いで取引できたかも・・
という気持ちがあったりして、今朝チャートを見て、
若干微妙な気持ちになりました・・。

まあでも普段あまり取引していない時間ですし
これは後から見たからそう言えるだけのことなので
今回は連勝となったことで自分のなかでは満足していますし
やはりポンド円は反転しても狙いやすいということが
改めて確認できただけでも十分良かったなと思います。

狙うはポンド円!?知らなきゃ損する!
バイナリーオプションで勝つための、
狙い目通貨3種類。




5月のバイナリーオプション検証結果(4勝1敗)
5/4バイナリーオプション検証結果(1勝)
5/10バイナリーオプション検証結果(1敗)
5/12バイナリーオプション検証結果(1勝)
5/17バイナリーオプション検証結果(1勝)
5/18バイナリーオプション検証結果(1勝)


バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+2,848,040円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大16万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大10万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円や、ミラートレーダーで最大5万円相当カタログギフトと、
 合計16万3千円相当がもらえるというお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の4社
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/


・通貨の種類が多いFXTF
・ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円を主に取引。
・19時20分、21時20分など、2時間おきに来る判定時間狙い
→FXトレードフィナンシャルの「バイトレ」詳細
http://www.fxtrade.co.jp/bo/bt/lp/index_fxtf.html


・判定時間の選択肢を増やせるトレイダーズ証券
・ドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペア
・FXTFより少しずれているため、その差を利用する、
 ということで同じ狙い目通貨を2回狙うことも可能
→トレイダーズ証券の「みんなのバイナリー」詳細
http://min-fx.jp/bo/

COMMENT 0