スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週のバイナリーオプション攻略方針。英国EU離脱で円高狙いの攻略を基本に

バイナリーオプション攻略法実践検証1180日目

金曜は、英国の国民投票関連報道もそうですけど、
朝に驚いて昼休みにまた驚いて、夕方もう一発驚いて、
というぐらい、相場の急変動に驚いた1日だったので、
バイナリーオプション攻略法では避けるべき典型で
バイナリーオプション攻略は早い段階で諦めました。

とにかく朝起きたら円安だったのが、会社についたら凄まじい円高、
そして昼休みにはさらに値幅が出てて仰天という感じでしたし、
夕方見たら戻ってるしで、とにかくリスクしか感じなかったですね。

ところであんな値幅が出る相場でFX業者は通常通り営業してたんでしょうか。
自分はログインするより前にチャートとかツールでもう無理、と思ったので
あんまり細かく見てませんでしたけど、スプレッドとかも凄かったんだろうか・・

まあでもあれだけ動きが出れば、取引して大きく勝てた人とか、
大きく負けた人もいるんでしょうね・・。その点バイナリーオプションは
最悪でも1回のエントリーに投資した金額までしか損しないので、
こういう大きく動く相場でも、デイトレードとかじゃなくって、
バイナリーオプションだけでやってたら、そんなに負けずに
上手く勝てた人もいるんじゃないかと思います。

一応自分はあれだけの動きを見たら、攻略法的には回避なので
取引してませんけど、長い流れでは、今年に入って基本円高狙いで
うまく攻略出来ていて、今回の一連の動きでも、その流れが変わってない、
と思ったので、今後介入とかがあっても、その後再下落するかも、
というふうに考えて、円高狙いで構えておくのがベストかと。

ただ今月は、前半ある程度取引出来て成績も良いので※
残り1週間はとにかく無理しないことを第一にしたいと思ってます。

6月のバイナリーオプション検証結果(6勝0敗)
6/1バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/3バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/7バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/8バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/16バイナリーオプション検証結果(2勝)

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。



で、来週の相場でのバイナリーオプション攻略ですけど、
まずは月曜火曜ぐらいで、どんな動き方をするのか、
値幅がどれぐらい出るか、あとは介入の雰囲気があるか、
為替の他に株や商品市場の動きはどうかなどをチェック予定。

それから改めて攻略の軸(円高狙い)を変更するかどうか、
みたいな感じで考えて行きたいと思っていますけど、
こういう大きく動いたり波乱が起きたときほど、基本が大事というか、
いつもやっていることを繰り返すのがベストだと思ってます。

なので、相場を見る時間、取引する候補の時間はこれまで通りで、
まず相場を見るのは朝起きてからと会社ついて仕事する前、
昼休み、そして夕方の残業前の休憩時間。

さらに取引の候補は、過去のバイナリーオプション攻略データ上で
最も取引回数が多く勝率も高い17時や18時台から19時、20時台狙いと、
21時、22時台から23時、24時の判定時間狙いですね。

また夏時間になって判定時間の狙い目がほぼ倍ですから
冬よりもチャンスと言えますし、複数回取引も可能です。

昔は夏時間は奇数時間台の判定時間しかなかったので
攻略の機会が夏も冬も変わりませんでしたけど、
今は夏時間でもFXプライム byGMOの外為オプションのおかげで
夕方の18時台、夜の22時、24時台のように偶数時間が狙えますし、
以前に比べて選択肢が倍になるため持っておかないと損ですね。

使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!
FXプライム byGMO 「選べる外為オプション」詳細

→https://www.fxprime.com/binaryoption/


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。



そして攻略する通貨ペアとしてはこれまで通りポンド円優先ですし
大きな動きが今一番出る可能性が高いのもポンドなので、
基本ポンドを軸に見ていきます。

でも大きく動きすぎたら取引しにくいということもあるわけで、
その点では普段値幅が小さくて取引しにくい豪ドルとか、
今回イギリスが主役ですけど、離脱されるEU、つまりユーロも
結構動きが出ると思うので、ポンド、ユーロ、豪ドルと
幅広く見ていこうと思っています。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



あとは節目ですけど、これは金曜の動きがデカすぎたので
一応分析してみたんですけど、もう一度月曜の朝と昼に
節目のチェックはしてみる予定です。

というのも値幅が大きかったので節目が多すぎる上に、
その節目の中で重要度の高いものがどれかというのが、
急な動きだったのでわかりにくいという感じなのですね。

通常なら3日連続あそこで反発してる、みたいな感じで
重要度の高い節目もチェックできたりするんですけど、
そういう動きがないので、一応目処はつけながらも
週明けの動きを見たいと思ってます。

ただこんな相場でも出来ることとしては、
以前の記事※で書いたように、サポートとレジスタンスを
しっかり意識してラインをひっぱっておくということ。

バイナリーオプション攻略のコツ。時間の推移とサポート、レジスタンスを意識する


その上で下記のような業者の情報ツールによって
自分が引いたラインとの答え合わせをしておくと完璧。

あとはレジスタンスで跳ね返されたところを狙うのであれば、
あらかじめ振り幅の確認もしておくと良いと思います。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



そして未来予想ツールは短い時間軸も長い時間も円高示唆で、
年始相場とかと似たような形になってますから、
円高が2週間ほど続く可能性もありですね。目先は。

当然長い時間軸だともっと先まで円高なんですけど、
あとは介入が入ったりするかどうかというのもあるし、
そこまで見通しを立てず、まず週明けの動きと
ツールの状態を見ていこうと思っています。

常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。




6月のバイナリーオプション検証結果(6勝0敗)
6/1バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/3バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/7バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/8バイナリーオプション検証結果(1勝)
6/16バイナリーオプション検証結果(2勝)


バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+2,953,450円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大16万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大10万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円や、ミラートレーダーで最大5万円相当カタログギフトと、
 合計16万3千円相当がもらえるというお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下の3
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円の5通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/


・判定時間の選択肢を増やせるトレイダーズ証券
・ドル円、ユーロ円、ポンド円の3通貨ペア
・他より少しずれているため、その差を利用する、
 ということで同じ狙い目通貨を2回狙うことも可能
→トレイダーズ証券の「みんなのバイナリー」詳細
http://min-fx.jp/bo/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。