【BO】日銀会合後からFOMC前後でのバイナリーオプション攻略方針

今回の記事は日銀会合後からFOMC前後での
バイナリーオプション攻略方針について書きます。


まずは今日の日銀会合後の動きのおさらいからですけど、
日銀会合直後に円高方向に大きく動いたかと思ったら
その後円安方向に反転して上昇する流れとなりました。

日銀会合の中身としては、マイナス金利据え置き。
10年債利回りを概ねゼロに。ドル円は発表前102円台から
101円まで急落したあと102.50超えという展開。

そして夕方の残業前の休憩時間にチェックしてみたら、
日銀会合後に上昇していた相場は、黒田総裁会見後に
また下げていて、結局いってこいの展開。サプライズは無し。

黒田総裁会見については以下のようなポイントがありました。

・情勢変化により柔軟に対応可能(量を操作目標とするより)
・必要なら躊躇なく政策の調整行う
・もともと物価2%オーバーシュートは想定されている
・実際2%超えるまで緩和継続は極めて強いコミットメント
・できるだけ早期に2%実現する方針には全く変化なし
・強力な緩和が必要となる状況もあり得る
・必要なら躊躇なく政策の調整を行う
・市場との対話強化、理解してもらうよう努める

などなど、あまり目立ったものは無かったかなと。
そして銀行株は買われ、欧州株もそれに伴い買われ、
という感じですけど、相場も戻していることを考えると
また株も戻すかもで、株と為替の連動で攻略、
というパターンは避けておくのが良さそうですね。

FOMC後まで本格的な動きが来ない可能性も考慮して、
18時現在動きがとまっているので、狙う時間帯はNY前半。
ここがダメなら今日は攻略スルーが良いかもしれません。

このNY前半という時間帯は過去のバイナリーオプション攻略において
2番目に勝率が高く、取引回数も多かった時間帯でもありますし、
この2年ほどで急速に回数が増えてきていることもあり、
自分としては将来的にここが一番狙い目になるかも、
と思っている時間でもあるので、今日はFOMCへの思惑を中心に
相場が動けば攻略できる体勢をとりたいなと。

でも思惑が働かずに様子見みたいなムードになれば
バイナリーオプション攻略は避けたほうが良いですね。

また夏時間でも夕方の18時台、夜の22時、24時台のように、
偶数時間が狙えるのは、FXプライム byGMOの外為オプションのおかげ。

それまで夏時間は奇数時間、19時とか21時とかだけだったので
1年間を通して考えると、選択肢が増えたというのは有り難いですし、
選択肢が倍になるため持っておかないと損ですね。

使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!
FXプライム byGMO 「選べる外為オプション」詳細

→https://www.fxprime.com/binaryoption/


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。




狙い目通貨については、FOMCなのでドル円、
というところを軸にして相場を見ていくつもりですけど
バイナリーオプション攻略という点においては、
ドル円とクロス円が連動したらポンドやユーロなど
値幅が出やすい通貨を狙うという方針で変わりありません。

ただドルが単独で動いたら、ドル円やユーロドル、
といった選択肢のほうが有利になるので、
そこは排除せずに選択肢に入れておこうと思ってます。

あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。



また節目に関しては、昨日も膠着してましたけど、
ポンドなんかはちょっと下げている動きが目立っていて
節目的にも日銀会合後の動きなどで少し出てきており、
これらを加えつつ、過去1ヶ月ほどの節目を見ておきたい感じ。

例えばドル円だと8月安値の99円50銭付近などは
そこまで到達する可能性を狙って攻略できますし、
到達しそうな場合はそこを抜けるか反発するかで
抜けたらアツいパターン。反発すればリスクが上がる、
などといった形で自分の行動をそこで決められるので
節目をしっかり見ておくことは、攻略の可能性を高めるので
是非やっておくと良いですね。

このあたりは以前の記事※で書いたように、
サポートとレジスタンスをしっかり意識して
ラインをひっぱっておくと、簡単にわかるので、
これはやっておいて損はないと思います。

バイナリーオプション攻略のコツ。時間の推移とサポート、レジスタンスを意識する

その上で下記のような業者の情報ツールによって
自分が引いたラインとの答え合わせをしておくと完璧。

あとはレジスタンスで跳ね返されたところを狙うのであれば、
あらかじめ振り幅の確認もしておくと良いと思います。

FXトレーダーの8割が負ける、簡単な理由。
節目を意識すれば無駄な負けが減らせる。
バイナリーオプションの秘訣。



また基本は勝率重視のバイナリーオプション攻略法
リスクが下がった通貨をリスクが低い方向に攻略する、
という方針はこれまで通りです。

現状のサインはポンド円の10分足、1時間足を見ても
10分足は特に攻めにくそうなので、FOMC後のサインを見て
1時間足のように円高優勢の状態になっているか、
あるいはそれがもっと強くなり、10分足でも顕著なら
バイナリーオプション攻略して勝てる可能性が高まると思うので
そのような場面を待とうと思っています。


ポンド円10分足
20160921bos.jpg


ポンド円1時間足
20160921boas.jpg



常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。




9月のバイナリーオプション検証結果(1勝1敗)
9/7バイナリーオプション検証結果(1敗)
9/13バイナリーオプション検証結果(1勝)


バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+3,058,600円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大6万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大5万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円と、 合計6万3千円相当がもらえる
 というお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円の5通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/

COMMENT 0