バイナリーオプション攻略法。決済目標を決めるコツ。ゾーン分析

今回の記事は、バイナリーオプション攻略法のひとつで、自分がやってる決済目標を予測する手法について。ゾーン分析と自分では呼んでますが、エントリーする前の時点で、これから相場がどの程度伸びるかを事前に知って、より勝率を高めようという攻略法の一つで、これをやっておくだけで安心感がかなり増すので、取引前に必ず分析するのがコツです。

ゾーン分析

ゾーン分析とは?

為替相場には、通貨ペアによって変動する可能性が高いゾーンというのが存在します。例えばドル円なら1日の値幅は概ね1円程度が平均というのが過去のデータで出ており、これは日々変動する可能性がある指標などによって変わったり、政局の急変などによって大きくなったりする場合があるものの、概ね決まっているわけなのですね。

なのでこのゾーンをあらかじめ知っておくことで、バイナリーオプション攻略を試みているときに、「今狙っている地点が判定時間で到達する可能性があるのかどうか」を事前にチェックすることが可能です。

自分はこのゾーン分析をやったことで、今まで無駄な取引をしていたというのが結構わかりました。つまり届かない地点を目標にしていたことがあったというわけで。

これを減らすだけで勝率が上がりますし、今から取引しようとしている際に、このまま相場は伸びるのかどうかを客観的データで知ることができるというのゾーン分析です。


ゾーン分析の使い方その1

ゾーン分析を使うといっても、基本的な攻略法はこれまで通りの勝率重視のバイナリーオプション攻略法です。これによって未来予想チャートをチェックし、そもそも勝てる可能性が高いのかチェックするのが大前提。この攻略法をふまえたうえでゾーン分析を使うとより効果が高まるわけですね。

未来予想チャートでは元々プロトレーダーが当たり前のように使っていた形状予測を使うことで将来の値動きが予想できるので、チャート形状によってどのぐらいの値幅が出そうか、目標としている地点に到達するかどうかはチェックすることが可能です。

なのでこれとゾーン分析を組み合わせると、二重のチェックができるようになるわけで、この安定感はハンパないですね。二重チェックによって精度を高めることで安心感が増すといったら良いでしょうか。なのでまずは未来予想チャートのチェックから始めるのが使い方その1と言えます。


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。




ゾーン分析の使い方その2

未来予想チャートで相場変動を予想し、想定されるチャート形状を確認したあとに、先ほど画像でも掲載した画像の機能を使います。

これは「レート変動幅予測」と呼ばれるもの。IG証券が出しているオートチャーティストと呼ばれるツールを開くと、そのなかに搭載されている機能です。


レート変動幅予測


例えばドル円。上記の画像をクリックすると拡大しますので、それを見てもらいながら読んでいただくとわかりやすいと思いますが、これが1時間足でいえば103.3592から103.6148という値幅の間で変動する可能性が高く、時間が長くなるにつれて、変動幅が広くなります。

この場合だとツールを見た時点の値動きを元に、過去データのなかから可能性の高い水準を表示してくれるので、判定時間までにそのゾーン内に収まるかどうかをチェックすれば良いわけですね。

ここでチェックした結果自分が想定していた目標や、未来予想チャートでの未来予想での到達地点がゾーンに入っていなかった場合は、少しリスクが高くなると言えますし、未来予想チャートをメインにして取引するかどうかの判断をすることになります。(自分はこういう場合完全に様子見することにしています)

一方で分析した結果到達地点がゾーン内に入っていて、未来予想チャートの予想でも同じゾーン内にチャートが収まっていれば到達する可能性が高いと判断できますし、勝てる可能性が高いと判断して攻めるというわけですね。


ゾーン分析を導入した結果

以前までは未来予想チャートによる攻略法だけで、それでもある程度勝率重視を意識して絞り込んだおかげで勝てていたわけですが、ゾーン分析の導入によって成績がかなり向上していて、導入3ヶ月目の2016年10月は取引回数が若干減りましたが負け無し。

バイナリーオプションは、取引回数が多くても、負けが多くなればマイナスになるわけですから、いかに勝率を高く保つかが重要なわけで、10月のように全勝というのはなかなかないものの、明らかに効果が出たので良いツールを見つけたなという感じでした。

10月のバイナリーオプション検証結果(5勝0敗)
10/5バイナリーオプション検証結果(1勝)
10/12バイナリーオプション検証結果(1勝)
10/21バイナリーオプション検証結果(2勝)
10/25バイナリーオプション検証結果(1勝)


ゾーン分析を導入する前との差。何が変わったか

この10月に一番実感したのは、ゾーン分析に慣れてきたこともあり、無駄なエントリーが減ったということです。つまり負けそうな相場を回避できた回数がかなり多かったというわけですね。その結果勝率が高くなって全勝だったわけです。

10月はそれほど大きな変動が無かったにもかかわらず、かつ取引回数が少なくても利益がしっかり増えたというのは大きな収穫でしたし、事前に8月から検証してみたかいがあったなという感じがしました。

実は8月の結果が出た時点でツールを紹介しようかなと思ったんですけど、あまり動かない相場とかで検証してどういう結果が出るかまだ不明だったので、一応9月、10月とレンジっぽい相場をこなしてみたわけですね。(8月、9月の成績は以下)

9月のバイナリーオプション検証結果(2勝1敗)
9/7バイナリーオプション検証結果(1敗)
9/13バイナリーオプション検証結果(1勝)
9/21バイナリーオプション検証結果(1勝)

8月のバイナリーオプション検証結果(7勝3敗)
8/2バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/5バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/8バイナリーオプション検証結果(1敗)
8/9バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/16バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/17バイナリーオプション検証結果(1勝1敗)
8/18バイナリーオプション検証結果(1敗)
8/26バイナリーオプション検証結果(1勝)
8/30バイナリーオプション検証結果(1勝)


9月はそれほど相場が動かなかったこともあって取引回数は元々少なかったのですが、8月と9月と比べると、10月の5回で負け無しというのは、慣れてきた影響もありますが、やはり使えば使うほど無駄な取引が減ってきたなと実感できたので、その差が出ているのかなと思います。


まとめ

未来予想チャートを使っている人はある程度多いと思いますが、こうやって組み合わせていくとそれぞれの精度を上げる相乗効果が出るなと感じており、オートチャーティストとのセットで予想することで、無駄なく、かつ効率良く利益を増やしていける可能性があると思いますね。

おそらく相場予想はしても、到達する可能性が高いかどうかという意味でチェックしている人は少ないのではないかと思ったので、ブログでも書いて共有する価値があるなと思った次第です。

このツールに関しては、口座開設したら入金しなくても使えるという点が優れていますし、まだ使ったとが無い人は是非使ってみると良いと思います。これまでどれだけ無駄な取引をしてきたか、損してきたかというのがハッキリわかると思います。


今まで損してたかも?!判定時間での決済目標的中率を上げるツール
IG証券のオートチャーティスト
https://www.ig.com/jp

※このツールはIG証券で口座開設さえすれば誰でも使えますし現在ャッシュバックも実施しているので、キャッシュバックをゲットしつつツールを使うと良いと思います。

COMMENT 0