次イベは神経衰弱。SS対策はヴァイスリージェント?前回ルールおさらいしてみた

バイナリーオプション攻略記事はこの後書きます。
この記事はスマホゲーム「ダビパク(ダービーインパクト」に関する記事です。

今回は今日発表された次のイベント神経衰弱について。
前回のルールも過去記事に残してあったので
それも踏まえて神経衰弱イベントのやり方を考えてみました。

ちなみにSS対策はヴァイスリージェントのように思います。
3年前ぐらいのビンゴで、クロフネ回しをしたときに
これと同じ画像でヴァイスリージェントが出てた気がするので。
神経衰弱

まず前回の神経衰弱のルールは過去記事の通り

 ・前回の神経衰弱ルールとやり方

過去記事でも書いてますけど、神経衰弱の場合
対策馬でレースを勝っても、レース自体のポイントは変わらず。

その代わりレース後に行われる神経衰弱で
透視できる枚数が対策馬によって違うので
その点で対策馬が有利ということになるわけですね。

でも通常のイベントだと、一周3,000ptで、
G1勝利で10pt、SS対策なら5倍で50pt、
みたいなところが標準的。

それに対して前回の神経衰弱はG1勝利でチップ5枚、
そこから2ペア揃えてやっと30枚ということになるので
これで平均的なイベントのAA対策と同じという計算になります。

なのでアイテム効率という点では悪いと言えますね。
まあビンゴ、スゴロクと効率良いイベントが続いたので
ここで東西対抗やインパクトステークス、神経衰弱と
効率が悪いイベントが来るのは当然なのかもしれませんが。

また今回は推測ですけど、トランプ氏の大統領就任と
神経衰弱のトランプを何かかけているのかもしれませんね。


ということで前回はS対策のフェアリーキングでまったり回し、
イベント調教をやりながらドリンクは使わないという作戦で
一応アイテムは増えたので、ランキングを狙うので無ければ
まあ節約すればアイテムは増えるというイベントではないかと。

ただ面白いかどうかというと微妙ですけどね・・
神経衰弱で2ペア揃えられたら結構面白いですが、
全然揃わないとポイントがほとんど入らないので・・


ということで今日のダビパクネタはこんな感じで。
また何か思いついたりしたら、ツイッターにメモしつつ、
ブログでも改めてまとめる予定です。

ツイッター
https://twitter.com/okzkhsjc

COMMENT 0