神経衰弱始まる。SS対策は予想通りヴァイスリージェント

バイナリーオプション攻略記事はこの後書きます。
この記事はスマホゲーム「ダビパク(ダービーインパクト」に関する記事です。

今回は今日から始まった神経衰弱について。
SS対策は前回の記事で予想した通り
ヴァイスリージェントでしたね。
神経衰弱

まず今回の神経衰弱は前回のルールと同様でした。

 ・前回の神経衰弱ルールとやり方


なので一応画像を記録として残しつつおさらい。
まずはレース勝利でチップの枚数が決まります。

神経衰弱ルール

その上でレース後に神経衰弱が始まるわけですが、
2ペアとなれば最大でチップ枚数が6倍に。

また1ペアでも、スペードが最も倍率が高く5倍、
クローバーは最も倍率が低く2倍となるので、
単純にポイント効率だけを見るなら、2ペアが狙えなくても
スペードのワンペアを優先すれば良いということになります。

神経衰弱ルール


続いてはミッション。今回まだ少ししか回していないので
何がミッションとなるかというところですけど、前回と同様なら、
凱旋門勝利で神経衰弱の指定ペアを揃える、
みたなものが来るのではないかと思います。

神経衰弱ルール


そして対策馬。SSがヴァイスリージェント、Sがナシュワン、
AAノーアテンション、Aドリームジャーニー。

しかし対策とはいえ、通常のイベントのように
レース勝利の獲得チップが倍率で増えるということはなく、
あくまでもレース後の神経衰弱で透視できる枚数が増える、
というだけの話。

当然透視できる数が多いほうが2ペアが揃う確率も上がるので
S対策以上ならそこそこ回しても良さそうですね。

しかしAA以下なら1枚見えたところでかなり運要素が強いので、
無理して回す必要もないのではと思うイベントです。

神経衰弱ルール


あと注意点としては、神経衰弱の1回目と2回目は
しっかり分けて考えられているので、下記のように
4枚引いてトータルで2ペアが成立していたとしても、
最初に引いた2枚で1ペア、後に引いた2枚で1ペア、
という合計2ペアにならないと、認定されませんので注意。

下記画像だと、最初にハートとジョーカーでペア確定。
その後2回目でスペードとハートなので、ペア不成立で
この場合はハートのワンペアとなるということです。

神経衰弱ルール


今回はインパクトステークス用の馬でやってるので
まだ対策は投入してませんけど、一応ナシュワンがあるので
インパクトステークス用の馬づくりでアイテムが減った分を
少しでも補充できたら良いかなと思ってます。

なので自家製とナシュワンを交互に回すみたいな
そういうやり方で回せば、そこそこアイテムも補充しつつ
自家製でインパクトステークス用の馬が作れるかなと。


ということで今日のダビパクネタはこんな感じで。
また何か思いついたりしたら、ツイッターにメモしつつ、
ブログでも改めてまとめる予定です。

ツイッター
https://twitter.com/okzkhsjc

COMMENT 0