スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者に騙されるな?レンジ相場でのバイナリーオプションは危険

今回の記事は、レンジ相場でのバイナリーオプションの危険性について。
以前業者へのインタビューで、「レンジでも利益が狙える機会があるのが
バイナリーオプションのメリットだ
」というような内容を見たことがありますが
簡単にこういった言葉に騙されてはいけません。
lie.jpg


レンジ相場でのバイナリーオプションはなぜ危険か


レンジ相場でも利益が取れる。これは本当のことでもあるので
業者の方は別に騙すようなつもりで言ったのではないと思います。

でもレンジ相場でも利益が取れる可能性があるからといって、
バイナリーオプションを頻繁に行うのは危険であり、
それは丁半博打の考えに通ずるところがあるからです。

以前「バイナリーオプションで、初心者が勝てない場合の対処法
という記事でも書きましたが、丁半博打から抜け出さないと
安定的に利益を増やしていくのは難しいのは明白であり、
レンジ相場でバイナリーオプションを行うことは、
この丁半博打に近い要素があるからなのですね。

丁半博打


レンジ相場が丁半博打状態になりやすい理由


レンジ相場では、一定のレンジ内で上下動を繰り返すことが多いです。
そのため取引機会という意味で捉えると、いつ取引しても相場は動くので
たくさん取引ができるというメリットはある
のですね。

その代わりデメリットも大きいです。それは、相場が一定方向に動き続ける、
ということが起こりにくい。つまりトレンドができにくいのがレンジ相場であり
予想した方向に動いても、途中で戻して負ける可能性が高くなるわけです。

まさにカウンターパンチを食らうような負け方をするわけですね。
レンジというのは戻しやすいということでもあるので。

カウンター


FX業者側から見た場合


FX業者側から見た場合、このレンジ相場というのは違って見えると思います。
取引機会が多い=手数料をたくさん取れる機会とも言えますから、
顧客がたくさん取引をしてくれたほうが儲かるわけですね。

勿論顧客が中長期的に利益を出してくれないと、口座自体も消えるので
そういった視点での啓蒙活動などはあると思いますし、
そう思っていない業者もたくさんあるとは思います。

でも目先のことを考えると、顧客がたくさん取引してくれたほうが良いわけで、
「レンジ相場でも利益が出せる機会があるバイナリーオプション」
とうたうことは、理にかなっていると言えるかもしれません。

業者から見て、金のなる木になってしまってはいけません

金のなる木


損しないためにどう対処するのが良いか


これはズバり、我慢するのがベストです。
自分も過去、バイナリーオプションで長い間取引してきて、
レンジ相場で負けたことは勿論数多くありますし、
過去の自分のデータ上、レンジ相場の勝率は良く無いです。

それでも昔は取引したい気持ちが勝ってしまっていて、
無駄な負けを繰り返した時期があったのですね。

それに対して今では過去のバイナリーオプション攻略データから、
勝ちやすい相場と負けやすい相場があるのがわかっています。

なので我慢してじっと次の獲物(チャンス)を待っているわけです。

獲物を待つ


獲物(チャンス)が来るパターン

獲物(チャンス)が来るパターンは結構決まっています。
それなのに、獲物が来る前に待ちくたびれて、
つい取引してしまう、これが一番いけません。

FXはメンタルがかなり重要です。軽い気持ちで取引するクセを持っていては
いつまで経っても資金を増やすことは難しいです。

では待つために、どういう相場がチャンスとなるのか。
過去のデータから、一定の法則みたいなものが見えてきます。それは

 ・レンジや膠着相場から、次の強い動きが出た場合
 ・ドル円クロス円が連動して円高・円安どちらかに強く動いた場合
 ・可能ならレンジブレイクを伴う場合

です。この場合は1日1回どころではなく、数回チャンスがやってきます。
そのためそれまで我慢していた分を一気に取引しても良いわけで
それだけ我慢して待つ価値がある相場と言えます。

実際先月の取引は下記のように、1日に2回取引もありますし、
期間的にも1ヶ月のなかで集中していて、第2週と月末という感じです。


 1月のバイナリーオプション検証結果(5勝2敗)

 1/9バイナリーオプション検証結果(1勝)
 1/9バイナリーオプション検証結果(同日2回目)(1勝)
 1/12バイナリーオプション検証結果(1勝)
 1/12バイナリーオプション検証結果(同日2回目)(1敗)
 1/25バイナリーオプション検証結果(1勝)
 1/30バイナリーオプション検証結果(1勝)
 1/31バイナリーオプション検証結果(1敗)


チャンス相場の判別方法

これは以前から書いているように、未来予想チャートと相場を見比べて
その変化を常に見ていくのがチャンス相場を見つける近道です。

だいたい毎日ツイッターやブログでも書いていますけど、
レンジ相場だと一致率が低かったり、毎日同じ上限下限の示唆だったり、
上下両方に示唆が出ていたりすることが多いです。

例えば今日の18時前現在のだと、ドル円、ポンド円は一致率高めですけど
示唆が上下にバラバラという感じですし、ユーロ円は一致率も低く、
示唆も上下に割れていて、リスクが高いという感じ。


ドル円
未来予想チャートドル円1時間足


ユーロ円
未来予想チャートユーロ円1時間足


ポンド円
未来予想チャートポンド円1時間足


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。




また相関チャートを合わせて使うとより精度があがります。
相関は今日の状態だと比較的高いので、惜しい状態ではありますが
これで未来予想チャートも良ければチャンスになりやすいですね。

逆に相関が低い場合は、個別に良い通貨と悪い通貨が分かれやすく、
ポンド円はとても良いけどドル円は全然ダメ、みたいなことも起こるので
相場をひとくくりにして見て良いかどうかの判断をすると良いかと。

相関チャート


あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。




最後に

バイナリーオプションは、最後にちゃんと利益が増えているかが大事です。
今取引しているかどうかは問題ではありません。例え1ヶ月取引できなくても、
年間トータルでちゃんと利益が出ていれば良いわけです。

なので、うっかり出来心で取引してしまうことのないよう、
レンジ相場では特に注意しておくと良いと思います。




バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+3,238,650円
←過去の取引履歴は左サイドバーで


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大6万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大5万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円と、 合計6万3千円相当がもらえる
 というお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円の5通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。