騎手イベントの攻略法とアイテム効率について。

先週のダービーアリーナがクソイベ過ぎたのでスルーしながら他のアプリで遊んでたらあっという間に1週間経ってしまいました。
で、そんな中騎手イベとかSS確定抽選とか、ダートトーナメントなどようやく回そうかと思えるイベントが来たのでブログも再開です。
若手騎手を育成せよ

まずは若手騎手を育成せよ。「新人騎手を育成せよ」のイベントを帰ってきた川上文乃、という設定にして焼き直した感じですね。ただルールが改悪されていて、元々アイテム効率はそれほど良く無いものがさらに悪くなっているので、とりあえず騎手を育て上げるポイントを獲得したらそれで終了予定です。

一応ルールを画像とともに確認しますが、前回のルールはこちら。
新人騎手を育成せよ(西倉ちか)


まず基本的な進め方はこれまでと同じ。レースでポイントを獲得して、それを振り分けていくことで自分好みのパラメーターの騎手をつくるというイベントで、2歳戦などはこの振り分け次第でかなり有利になるだけに、イベント後1ヶ月程度は育成騎手の天下になりますね。
S__27148297.jpg


でまずはレースで獲得できるポイント。これは今まで通りです。

獲得ポイント


そして今回変わったのがここ。対策馬が以前までは実在種牡馬全てで、SSなら+10ptとかだったわけですが、今回は特定種牡馬とAA以下とにわけられました。でもってSのカリフォルニアクロームは、優駿祭限定種牡馬ということで、欲しかったらガチャ引いてね、というやつですね。

対策馬


で、これ以外は全て同じで、レベルが高い騎手を乗せたあとに育成騎手を乗せると、そのレベルに応じて2倍から5倍ポイントが入るというわけで、当然普段使わないレベル5騎手をたくさん乗せてオープンやG3を闘っておき、G1は川上を乗せるというのが攻略法になります。

騎手レベルとポイント倍率


ただしこれもじっくり考える必要があって、イベントでポイントを稼いでランキングを狙うとなると効率が微妙なのですね。というのも今回イベントは1周3000ptなので、これだけ見ると一見ラクなように見えます。レベル5騎手を乗せれば5倍なので。.

1周3,000pt

でも、実際はレベル5騎手を乗せたときはポイントが入りません。それで主戦がレベル5騎手になっているときに、川上を乗せたら5倍になるわけですから、5倍を活用しようと思うと、その馬が生涯で出る全レースの半分は、ポイントが入らないレースになるわけですね。ってことは実質2.5倍ぐらいなわけです。

2.5倍対策でレベル5騎手が減る。これは結構微妙なところですよね。なので自分は育成し終わったらそこで終了にしようと思っていて、そこからはVS中心にやれば良いかなと思ってます。それならそれほどアイテムも減らさずにVSで育成騎手を使えるメリットはありますし。

ランキングを狙おうと思うと、意外と大変なのが騎手イベだと思いますね。アイテム効率を第一に考えるなら、どこまで回すかを最初に決めておくと良いと思います。中間報酬のレンタルもらうまでは、とか。

中間報酬


ということで今日のダビパクネタはこんな感じで。
また何か思いついたりしたら、ツイッターにメモしつつ、
ブログでも改めてまとめる予定です。

ツイッター
https://twitter.com/okzkhsjc

COMMENT 0