スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用統計に向けてのバイナリーオプション攻略方針

今日の記事は雇用統計に向けてのバイナリーオプション攻略方針について。昨日は英政府の経済成長率上方修正とアメリカのADP雇用者数の好結果で相場が強く動いた場面がありましたけど、動きが急すぎたこともありバイナリーオプション攻略は様子見。その分時間ができたので雇用統計に向けての攻略について考えてみました。

未来予想チャート




最近の雇用統計発表前後データ

まず雇用統計は非農業部門雇用者数の市場予想に対して、結果が大きく乖離することがあり、その場合は大きな変動を伴うことが多いのでバイナリーオプション攻略のチャンスになりやすい特徴があります。

ちなみに先月(2月3日)の雇用統計発表時は、市場予想が+17.5万人だったのに対して、+22.7万人。結果は良いように見えましたが、失業率が予想の4.7%に対して4.8%だったのが影響してか、発表後にドル円は113.1付近にあったものが112.6あたりまで50銭下落。その後上下に動きながら25時の時点では112.3付近まで約80銭下落しました。雇用統計直後に一時上昇した分も合わせると、雇用統計での変動は1.1円程度ですね。

これは1月6日の雇用統計でも同様で、約1円程度変動しましたが、このときは非農業部門雇用者数が+17.5万人予想に対して結果+15.6万人と良く無かったのに上昇しています。つまり意外と非農業部門雇用者数は、予想より良い悪いというのと関係なく動いていると言えるのですね。


今回の雇用統計市場予想

今回は非農業部門雇用者数の市場予想が+19.0万人、失業率は4.7%となっています。なのでここからどのぐらい乖離が出るかというのがポイントになるわけですが、予想より良い悪いで相場が動くとは限らないということが大事なのでここでも一応頭に数字を入れる程度にしておくと良いですね。


雇用統計でのバイナリーオプション攻略法

では具体的にどうやって取引するか。以前雇用統計に関して、取引した事例と取引を見送った事例を載せて記事を書きました。

雇用統計でのバイナリーオプション攻略に役立つ記事を集めてみた


そこでは狙う時間帯、ゾーンなども書いたわけですけど、まず勝率が高く見込める相場かどうかを確かめる必要があります。それには未来予想チャートと相場変動をセットで見る分析方法を用いるのですね。ここでのコツは、未来予想チャートドル円とクロス円が連動しているかどうか。そして一致率が高いかどうか。

例えば現在の状態で見てみると、下記のようにバラバラで一致率も低く、強いて言えばドル円の3本のチャートとユーロ円の第3近似が近いかなという程度です。

ドル円
未来予想チャートドル円1時間足


ユーロ円
未来予想チャートユーロ円1時間足


ポンド円
未来予想チャートポンド円1時間足


でも過去のバイナリーオプション攻略が成功したパターンでは、未来予想チャートドル円クロス円でかなり似たチャートが提示されてなおかつ一致率も90%を超えてという場合に勝てたことが多かったのですね。当然全勝はあり得ませんが、普段から揃ったら取引を考慮することにしており、それをしてから無駄な負けが減って利益が順調に増えてきたという実績があります。


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。




さらに取引する時間帯。雇用統計の場合発表時間が決まっているため動きが出る時間もだいたい予想がつくわけですが、発表直後が良いとは必ずしも言えません。ここでも過去の攻略データでは発表後30分経過後のほうが成績が良く、昔やっていた発表直後の取引はかなり勝率が悪いです。

つまり発表直後は乱高下しやすいので運頼みになってしまうわけで、それなら30分程度経過してから、動きが安定して上昇(または下落)する展開になれば狙うというのがベストというわけです。

ちなみに元々この時間帯は雇用統計以外でも過去データで2番目に取引回数が多く勝率が高い時間帯でもあり、ゾーン分析で使うオートチャーティストでもこの時間が動きやすいということはデータでしっかり明らかにされています

20170309zone.jpg

なのでこういう時間帯を狙わないと損してるというか、無駄に負ける機会を増やしていることになりますから、今やってるひとは時間帯の選別からやりなおすと良いでしょう。

ちなみに現在先着150名限定で、取引後即決済したら4万円もらえるという美味しすぎるキャッシュバックもやってますので、オートチャーティストを使ったことが無い人は是非キャッシュバックも貰いながら使ってみると良いと思います。

詳細→知らなきゃ損!IG証券衝撃のキャッシュバック!数百円のコストで4万円獲得可能!


サラリーマン好都合?!
勝てる時間にバイナリーオプションで攻める。
最も勝率が高い、為替相場で有名な時間帯。




使ってない人は損してる可能性大?
バイナリーオプション攻略法の重要な鍵。
決済目標を予測する手法について




雇用統計で狙う通貨ペア

また取引通貨に関しては、雇用統計だからといってドル円やユーロドルが良いとは限りません。これも過去のデータで、雇用統計時に最も取引回数が多く、勝率が高いのはポンド円だからです。

なぜ雇用統計なのにポンド円で取引するのかという点については、先ほど書いた未来予想チャートの連動というところと関係してきます。つまりドル円クロス円が連動するパターンにおいては、同じように値動き自体が出るわけですから、それなら値幅が大きいのはどの通貨ペアかと。となるとポンドなわけですね。

また今日なんかもそうですけど、相関チャートで連動しているときの挙動はこのようにチャートが平行して並ぶ形になりますので一目瞭然です。なので相関チャートもチェックしておくとかなり勝率アップに貢献してくれると思います。

相関チャート


ちなみにチャートをまたいだ通貨を狙うパターンも有効で、その場合は下記画像のポンド円のような感じになるのですが、雇用統計ではどちらかというと連動のほうが多いですね。でもまたぐパターンを狙うならドル円に絞っても良いかもしれません。

相関チャート


あなたが知らない、有利な通貨の絞り方。
BOするならより低リスクな通貨で。
勝っている人は誰でもやってる方法。




最後に

雇用統計は大きく動くだけに狙いたい気持ちがかなり高まりますし、それだけに前のめりになりがちです。でも大事なのは雇用統計で勝てる可能性が高い相場になるかどうかを見極めることであり、絶対取引するということではありません。

なので必ず様子見するかもという選択肢を持っておいて、上記のように条件が良い状態で揃えば取引し、そうでなければやめるという決断ができるようにしておくのが、一番のコツかもしれません。チャンスは雇用統計以外でもいくらでもきますから。


3月のバイナリーオプション検証結果(3勝0敗)

3/2バイナリーオプション検証結果(1勝)
3/6バイナリーオプション検証結果(1勝)
3/7バイナリーオプション検証結果(1勝)



バイナリーオプション(2011年12月1日開始以降)の確定利益額

+3,319,200円


常勝プロも使うツールを活用!
買いか売りかを一目で判断可能。
勝率重視のバイナリーオプション攻略法について。


バイナリーオプション勝率UPのためのツール
過去の類似率で未来を予測するチャート!
使わないと損です

FXプライム byGMOの「ぱっと見テクニカル」
http://www.fxprime.com/

※このツールはFXプライム byGMOで提供されているもので、
 現在最大6万3千円相当のキャッシュバックも実施。

 ツールは口座を開設すれば、入金なしで使える優れものですけど、
 どうせ使うならキャッシュバックもゲットすると良いと思います。

 元々口座開設関連で1万円取引量で最大5万円相当カタログギフト
 友達紹介での3,000円と、 合計6万3千円相当がもらえる
 というお得な内容で、これを原資にするもよし、
 それだけ損しても良いと考えてガンガン投資していくのも良いと思います。

http://www.fxprime.com/


自分が取引しているバイナリーオプション提供FX業者は以下
・使わないと損!夏時間は他業者と併用で取引機会倍増!FXプライム byGMO
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルの4通貨ペア
・判定時間は18時、20時といった間隔で2時間おき。
 他の業者は夏時間は17時、19時台といった奇数なので、
 その間を狙える分取引機会はかなり増える。使わないと損。
→FXプライム byGMOの「選べる外為オプション詳細
https://www.fxprime.com/binaryoption//


・取引時間が長いGMOクリック証券
・通貨はドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円の5通貨ペア
・判定時間は17時、19時といった間隔で2時間おきだが、
 開始時間から終了まで3時間あるので長い取引が可能
→GMOクリック証券の「外為オプション」詳細
https://www.click-sec.com/

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。